ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2010年11月21日

【アニメ店長×東方Project】レポート&感想

はい、表題通りの感じで【アニメ店長×東方Project】の映像を見てきました〜。
それについて、映像の内容や簡単な感想を書き残しておこうと思います。



まず、映像全体を通して。

とにかく、弾幕の描写が綺麗でした。
ぶっちゃけ、『弾幕美』を堪能する為の映像作品だと言って過言無いと思います。
プロの映像会社が、本気で弾幕アニメを作ると、こんなに綺麗に出来るのかと感心させられました。

主な映像の舞台は、人の住まない廃墟ビルが建ち並ぶ夜の街です。
そこは幻想郷でも普通の世界でも、どちらでもない狭間の世界との事なのですが(作中で紫がそんな風に言ってました)、アニメの演出事情としては、この場所設定は弾幕をより効果的に魅せる為だけに設定したものなのだと思います。

夜の闇は、弾幕を構成する光弾など一弾一弾を映像的に美しく見せる為。
人の居ない廃ビルは、弾幕が被弾する事でガンガン壊れ、それが弾幕の威力・派手さの演出材料となります(怪獣映画で踏みつぶされる街と同じ感じ)。

夜の闇の中、光り輝きながら霊夢に迫る、巨大な《禁弾「過去を刻む時計」》は実に迫力があって綺麗でしたね〜。
 過去を刻む時計.jpg
  参考:ゲーム中の《禁弾「過去を刻む時計」》

また、廃ビルを次々と胴薙ぎにぶった切る、《禁忌「レーヴァテイン」》はとても派手でしたよ。
 レーヴァテイン.jpg
  参考:ゲーム中の《禁忌「レーヴァテイン」》

そしてクライマックス!
霊夢が、珠符「明珠暗投」→夢符「封魔陣」→大結界「博麗弾幕結界」→神霊「夢想封印」のスペル波状攻撃でフランを圧倒するところは、凄まじく盛り上がりましたね!
 明珠暗投.jpg
 封魔陣.jpg
 博麗弾幕結界.jpg
 夢想封印.jpg
  参考:ゲーム中の《珠符「明珠暗投」》《夢符「封魔陣」》
             《大結界「博麗弾幕結界」》《神霊「夢想封印」》
霊夢、カッコイイ!
(注:上記のスペルカードは、「レーヴァテイン」と「夢想封印」以外は名前が宣言されていませんので、見た目から私が判断しています。だから、もしかしたらちょっと違うかもしれません。)



ストーリーについて。

映像の総時間は10分程と短く、ストーリーもごく簡単なものでした。
ストーリー概要は下記のような感じです。

アニメイトイベント会場に、完成したばかりのアニメ映像を届ける為、爆走していたアニメ店長。
その途中、八雲藍が修復し終えたばかりの境界を、アニメ店長は飛び越えてしまいます。
アニメ店長が境界を越えた為、結界が不安定になって奇妙な狭間の世界が出来てしまい、更に数人の幻想郷の面子もその狭間の世界に紛れ込んでしまう事態に。
その紛れ込んだ面子の中にフランドール・スカーレットが居て、閉じこめられていた地下から出て自由になったフランが大暴れ。
最終的に霊夢がフランを止めて、アニメ店長は紫に気絶させられ、気が付くといつの間にかイベント会場前に到着していたのでした。
おしまい。

そんなストーリーなのですが、コラボアニメとしてアニメ店長は出ているものの、基本、彼はストーリーに殆ど関わりません。
アニメ店長は、まず最優先事項として、自分の手中にある出来たての映像ディスクを守り、二言目には「会場でお客さんが待っているので会場に向かいたいのですが」と言い出す感じで、周囲で起きてる弾幕騒ぎに巻き込まれながらも、ひたすら職務遂行のみを気に掛けています。

なので、アニメ店長と東方キャラが同一画面上に出ているものの、お互い大して干渉しない為、それ程違和感なく美しい弾幕を楽しめます。

また、「映像全体を通して」で書いたように、暴れ回るフラン&それを止める霊夢、その2人の弾幕ごっこが一番の見せ場なのですが、この作品を制作するにあたって弾幕ごっこの相手にフランが選ばれた理由は、
 「1.弾幕の見た目が派手で威力も有る」
 「2.フランの曲『U.N.オーエンは彼女なのか?』は東方を代表する人気曲」
 「3.フラン自身もクリスタルのような七色の羽根が闇夜でキラキラと綺麗で画面映えする」
 「4.とりあえず意味もなく暴れ出しても問題ないキャラクター性」
あたりなのかなぁ、と個人的に見ていて思いました。



音楽・声について。

音楽は、東方原曲重視のアレンジ楽曲でした。
フランの出番が多いだけあって、フランのステージ曲『U.N.オーエンは彼女なのか?』は当然流れました。
他は……東方シリーズのタイトル曲が流れましたね。
それ以外は記憶出来ませんでした。霊夢が活躍してる時に、少女綺想曲は流れたっけかな?

楽曲のアレンジャーは、誰だったのかな?
最後のエンドクレジット、声優名が出るか否かを一番注目してたので、楽曲アレンジのクレジットが有ったか否か、気付きませんでした。多分、公開されていなかったような気が……。

声ですが、東方のキャラでは、この企画のイメージ絵に出ている霊夢、魔理沙、フラン、紫、藍の5キャラだけ、声が付いていました。ちなみに、エンドクレジットには演じた声優名は出ませんでしたので、誰が演じているのか、正式な所は不明です。
そして、映像内での声の扱いについてですが、全キャラともセリフそのものが少ないです。映像の主題が恐らく『弾幕美を魅せる事』なので、説明的セリフは紫がちょこっとするくらいで、後の人はちょっとしたその場その場のセリフのみです(落下するアニメ店長に「掴まれ、オッサン!」って魔理沙が言ったりするような感じ)。

演じてる声優さんですが、私に聞き分けられたのは、藍の声が能登麻美子さんだった事くらいですかね。
自信は無いですが、紫の声が沢城みゆきさんだったような、違うような。
一緒に会場で見ていた某声優さんファンの御方にも知ってる声優さんが居たか訊いてみた所、魔理沙の声が日笠陽子さんのような気がするとの事でした。
フランは誰が演じているか解りませんでしたが、可愛くなったりドスが利いたりと、なかなかよく狂気の感じを出していました。
霊夢は……そもそもセリフが最後の一言「……夢想封印……」しか無かった(と記憶してるのですが、もう一言くらい有ったかも)ので、誰が演じているのか全く聞き分けられるハズもなく(笑)。無言でフランをシバキ倒して、最後のトドメに一言「……夢想封印……」って所が、カリスマある博麗の巫女って感じでした。



画面に登場したキャラクターについて。

上であげた声つきの5キャラ以外にも、声こそなかったものの何人かのキャラが登場してました。

暗い廃ビルの中で何か楽しそうに談笑している、ルーミア、リグル、ミスティアの、暗闇系の妖怪3人。
本屋で何か本を立ち読みしているさとりと、その回りを走り回っているこいし。
居酒屋で大騒ぎしながら酒を呑んでいる萃香、文、にとり、神主ZUNさん(笑)。
フランの流れ弾が飛んでくる先に居た一輪、ムラサと、それを結界で弾いて助ける聖白蓮。
フランが暴れる様子をビルの屋上から傍観しているレミリア、咲夜、パチェ。

以上の面子が出ていたと思います。
ただ、一回しか見ていない映像なので、もしかしたら数キャラ違ってるかもしれません。例えば、一輪じゃなくて他の命蓮寺メンバーだったかも(笑)。

まあ、萃香と楽しそうに呑んでいたZUNさんが、一番インパクトあったのは間違いないんですが(笑)。
遂に、神主本人がキャラクターとしてアニメに出演とは(笑)。



以上が、映像を見た簡単な感想になります。

更に、上映終了後、ユーフォテーブルの社長と、このコラボアニメの監督・三浦さんが、挨拶&トークの為に舞台上に出てきたのですが、そこでちょっとビックリな事実が。
数年前に三浦監督が書いた『東方アニメ化』の企画書では、主人公が『稗田阿求』だったとの事です。
でも考えてみれば、ゲーム自機の霊夢&魔理沙は、異変が起こらなければそれ程前に出てくるキャラではないので、幻想郷縁起を執筆している阿求が主役なら、どのキャラも満遍なく出す事は出来る作品になるのかなぁ、と感心させられました。
ちなみに、監督の三浦さんは、妖々夢の頃からの東方プレイヤーとの事です。

あと、この映像作品は、上映一回でお蔵入りしてしまうのは残念なので、何かの形で見られるようにする予定との事でした。

あ、最後に、エンドクレジットにスーパーバイザー名義で、一迅社の人が出てましたね。まあ、この企画の仲介役っぽいから、そりゃそうでしょうって感じですが。



以上、見てきた事、聴いてきた事の全部でした。

会場は、主にトークに出演する声優さんのファンばかりだったので、東方ファンは少なかったのではないですかね〜。
かく言う私も、東方見に行ったんだか、声優さん見に行ったんだか、中途半端な感じでの観覧でしたけど(笑)。
(ちなみにチケットは、声優・櫻井浩美さんファンの某氏に余った分を分けて貰いました。その節はお世話になりました。ありがとうございました。)
一応、両方の世界に中途半端に属している淵明さんなので、数少ない東方属性観覧者として、レポート&感想を残しておこうと思った次第です。

正直、アニメイトの東方アニメはあまり期待せずに、怖い物見たさ気分で見に行ったので、予想以上に楽しめました。弾幕がとにかく、綺麗でしたよ〜。
それでは、本当におしまい。
posted by 淵明 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東方関連

2010年11月11日

『シンフォニック ラブ 〜Allstar ver〜』とか大歓喜!

2010年11月24日発売の『ましろ色シンフォニー オリジナルドラマシリーズ サウンドポートレート』の全10トラックの情報が、リンク先にて本日公開開始!

おまちゃんの歌う『トゥルリラブ』のフルバージョンは勿論の事、何と、10トラック目に『シンフォニック ラブ 〜Allstar ver〜』が!
ヒロイン4人で、ゲーム版の主題歌を歌うって事ですよ!
おまちゃんの歌を『トゥルリラブ』以外に更に聴けるって事ですよ!

ひゃっほう!2週間後が楽しみだぜ!!!

忙しいけど、とりあえずこれだけは書いておきたかったので。
それでは、仕事に戻ります。
posted by 淵明 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん