ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2011年02月28日

『東方神霊廟』現状での考察&気になる点

『東方Project第13弾 東方神霊廟(とうほうしんれいびょう) 〜 Ten Desires.』が、神主ZUNさんのブログにて発表されました〜!!!
3月13日の第8回博麗神社例大祭では体験版が頒布される模様。絶対手に入れねば!

そして今回の『東方神霊廟』、現状でも幾つか考察したい点や気になる点があるので、思わずブログ記事を書かずにはいられませんでした。
とりあえず簡単に書き連ねてみます。



まず、タイトルを見て一番気になったのが『Ten Desires』という英語のサブタイトル。
ツイッターでも今朝つぶやいたのですが、最初に『Ten Desires』から連想したのが、仏教の『十悪』という概念。
普通は『神霊』という単語から神道系の設定を幻想するのかもしれませんが、最近の神主の作品展開を見ていると、『Ten Desires』の方に注目して仏教系を考えてしまうのです。


『Desire』の日本語訳が『欲』ならば、『Ten Desires』は『十の欲』。
仏教の究極の目的は煩悩、つまり『欲』の超越なので、仏教の中で最も忌むべき『十悪』が『十の欲』とは正しい翻訳では無いのですが、かといってこの場合の『悪』に該当する英単語も思いつきませんので、『Ten Desires』=『十悪』と考えても、それ程間違いではないかと考えます。

ちなみに、その『十悪』の詳細は以下のようになります。

殺生(せっしょう):殺すこと
偸盗(ちゅうとう):盗むこと
邪婬(じゃいん) :みだらな性的関係を持つこと
妄語(もうご)  :嘘をつくこと
綺語(きご)   :心にない飾り立てた言葉を用いること
両舌(りょうぜつ):人を仲たがいさせる言葉を用いること
悪口(あっく)  :口汚く罵ること
貧欲(とんよく) :足ることを知らずに求めること
瞋恚(しんに)  :怒ること
愚痴(ぐち)   :世の道理を理解しないこと


ちなみに、このように考える切っ掛けになっている最近の神主の作品とは、

【東方三月精第三部第12話・紅白信仰合戦】(2010年12月25日発売コンプエース掲載)
『除夜の鐘』の話題を発端に始まる、『神社』と『お寺』の違い。
神社は、御利益を求めて人が集まり、信仰を生む(欲を肯定して信仰を集める)。
お寺は、自己鍛錬し煩悩を消すために人が集まり、信仰を生む(欲を否定して信仰を集める)。
欲があるから生きていける。欲を無くしたいという思いも欲なのでは?

【東方茨歌仙第三話・罪人の金鉱床】(2010年11月25日発売キャラ☆メルFebri掲載)
『東方地霊殿』以来、相変わらず温泉と共に地下から沸いている怨霊達。
怨霊は地獄の管轄。東方では、冥界・地獄など輪廻転生に関わる部分は、仏教的世界観。
「…怨霊は色々な欲望や穢れを背負っています」(華仙・談)
怨霊から溢れる欲望を地獄の釜で溶かすことで、様々な金属を手に入れることが出来る。

霊・信仰・欲。
ここら辺が、最近の神主作品のキーワードのように思えます。


そして、『東方求聞史紀』における神霊の定義。
「亡霊の内、神として崇められている者を神霊と呼ぶ」
亡霊はどちらかというと、転生や成仏等、仏教系の存在です。
対する神霊は、信仰を得た亡霊。信仰を得て廟にて祀られるということは、神道系の存在です


そして、ゲームの自機は、いつもの霊夢&魔理沙に加えて、

守矢神社の巫女・東風谷早苗

冥界の庭師・魂魄妖夢

の計四人。霊夢&魔理沙はいつも通りとして、早苗は神道系キャラ、妖夢は仏教系キャラです。
やはり、『欲』を中心にした『仏教』と『神道』の信仰に纏わるストーリー展開なのではないかと考えてしまいます。



あと、ゲームシステム的には、今回も変わった要素がありそうですね。
タイトル画面の霊夢の右側にある、赤・緑・青の、奇妙なフェイスマークみたいな浮遊物。
ゲーム画面にも、普段どおりの点&パワーアイテム以外に、タイトル画面の浮遊物に似た何やら変わったものがありますね。
『東方星蓮船』のUFOシステムと同じ感じの、何か3色の特殊アイテムでしょうか?

また、画面左下には髑髏のマークが。
風神録では『信仰』、地霊殿では『地上との通信感度』、星蓮船では『現在の所持UFO』を表していた位置にある髑髏は、一体どんなシステムなのか?




以上、私的に色々書きたくなった『東方神霊廟 〜 Ten Desires.』現状での考察&気になる点でした。
まあ現状、ただの憶測ですけどね。
予想など外れるためにあります(笑)。
それでは、以上でお終い〜。
posted by 淵明 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東方関連

2011年02月19日

『第8回東方シリーズ人気投票』開催

あと10分程で終わってしまいますが(オイ)、現在『第8回東方シリーズ人気投票』開催中です。
毎年恒例の人気投票。東方界隈の現状を計る一番の指標ですので、東方に関心のある人は、投票することをお薦めします!



そして昨年に続き、折角なので私の投票した内容でも貼っておきますね。



キャラ部門

蓬莱山 輝夜(一押し)
穢れ無き月の、穢れたお姫様。月の姫=Lunatic Princess=狂気の姫。そして、初めて好きになった東方作品のラスボス。やっぱり彼女が私の一押しです。

多々良 小傘
普通の妖怪。現在の「東方らしい妖怪」の代表格。キャラデザ的に、一番好きな東方キャラです。

伊吹 萃香
嘘を吐かない鬼。人攫いという異変を起こさず、結果、博麗の巫女に形の上では勝利した鬼。見た目の可愛さと言動の鋭さ、そのギャップが好きです。

小野塚 小町
只のサボリ死神かと思っていたけど、緋想天での役回り、漫画版三月精&茨歌仙での登場回、どれも良かったですね。私の中で最近、存在感上昇中です。

サニーミルク
天真爛漫で無邪気なお日様の妖精。まさに「妖精」って感じですね。ついに念願の東方ゲーム作品デビューも果たしたお祝いに1票。おめでとう、サニー!



音楽部門

竹取飛翔 〜 Lunatic Princess
スローテンポで高貴な感じの曲の出だしに『Princess』を、その後唐突に激しく発狂する部分に『Lunatic』を幻視する、『Lunatic Princess』輝夜姫のテーマ曲。高貴さと狂おしさを併せ持つ名曲。

幽雅に咲かせ、墨染の桜 〜 Border of Life
西行妖の根元に埋まる自分自身の死体を蘇らせようとしている幽々子のステージのBGMは、そんな幽々子の死を悼む墨染め桜の曲。物悲しい感じで始まるこの曲は、幽々子にピッタリなテーマ曲だと思う。

月まで届け、不死の煙
物悲しいような、それでいて禍々しいような、永夜抄を締め括るに相応しい名曲。カツカツ聞こえる打楽器の音が、時計が時を刻む音のように個人的に聞こえます。時の流れの意味を無くした蓬莱人を表すかのように。

幽霊楽団 〜 Phantom Ensemble
ZUNペットの代表的な名曲。伸びやかなメロディだけど、やっぱり悲しい感じが漂う。レイラの生み出した騒霊・プリズムリバー3姉妹のテーマ曲。

廃獄ララバイ
激しい曲の多い東方のBGMの中でこの曲は、廃獄となった旧地獄の気怠い雰囲気を表すような、そんな異質さが心地良い曲。地霊殿もステージ5のここからが本番。

星の器 〜 Casket of Star
旧作のBGMで一番好きな曲であり、魔理沙の数あるテーマ曲の中で一番好きな曲。「星の器」って曲名もとても好き。とても魔理沙らしい曲。

春色小径 〜 Colorful Path
霊夢っぽい曲(博麗の巫女ではなく)、そんな印象。霊夢の曲の中では一番好きな曲です。空を飛んでいるように流れるメロディと、リズム感あるパーカッションが心地良い。



他の東方に関わるアンケートは、載せる意味のありそうなものだけ抜粋。
ちなみに、神主の関わった東方のゲーム(紅魔以降)と書籍は、当然のように全て所持しています。

風神録 NORMAL
風神録EX クリア

地霊殿 NORMAL
地霊殿EX 未クリア
(EXクリア出来る気がしない……)

星蓮船 NORMAL
星蓮船EX 未クリア
(こちらはやり込めばEXクリアいけそう)

ダブルスポイラー:文 75枚未満
ダブルスポイラー:はたて 5枚未満
(はたてを出した所で満足して、そこで止まったままです)

妖精大戦争 NORMAL
妖精大戦争EX 未クリア
(EXを出してそこで止まったままです)

ダブルスポイラー評価 ☆☆☆☆
ダブルスポイラーコメント まさか、文以外にもう一人天狗が出てきて、あまつさえ使用キャラになるとは予想外でした。

妖精大戦争評価 ☆☆☆☆☆
妖精大戦争コメント 氷で凍らせて、一気に弾幕を砕く!パズルのようで気持ちいい!

東方を知った場所 面白いSTGを探していたとき知った
(正確に言えば「面白い同人ゲームを探していた時に知った」なのですが。選択肢に無いので)

好きな作品1位 東方永夜抄
好きな作品2位 東方妖々夢
好きな作品3位 東方星蓮船

年間の使用金額 30万円未満
(例大祭・夏・冬と各イベントごとに、東方だけで軽く5ユキチ以上飛んでいますからね)



毎年のことながら、集計結果が楽しみですね。
星蓮船から1年以上が経ち、命蓮寺一派の順位がどう変動するのかに注目しています。
また、ようやく本の出た香霖、ゲーム化された三月精、新キャラ・はたて、ここら辺も注目所でしょうか。

それでは、以上でお終いです。
posted by 淵明 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東方関連

2011年02月17日

アールグレイさんの例大祭新作ドラマCD?の声優

『ナズーリン』の声が、私の大好きなOまちゃんですよ!
(※伏せ字は、声優名が非公開作品であることへの配慮)



そんな情報をツイッター経由で教えて頂いたので、普段全く使わない某動画サイトのアカウントを使って見てきました。
閲覧するのにいちいちログインが必要なサイトは大嫌いなのですが、事情が事情なので、そうも言っていられません。

結果、上に貼り付けてある動画の通りですよ。
3分38秒辺りから聴けばバッチリお判りのように、これはどこからどう聴いても、私の一番好きな某声優さんの声ですね〜。



で、そんな「ナズーリン」ですが、東方を全く知らない人のためにザッと説明を。
「ナズーリン」は、『東方星蓮船』における「空飛ぶ船」の一件で、幻想郷に新たに加わった妖怪達の住む寺院「命蓮寺」の一員です。

1ボスの振り子
実際の上海アリス幻楽団制作『東方星蓮船』における「ナズーリン」の画像。

ネズミの妖怪(っていうか正確には「毘沙門天の使い」なのですが)で、二つ名は「ダウザーの小さな大将」。能力は「探し物を探し当てる程度の能力」で、ダウジングロッドやペンデュラムを用いて何かを探すことの専門家です。

『東方星蓮船』では1面ボス(+5面の中ボス)であるものの、妖怪寺「命蓮寺」の中にあって唯一、「聖白蓮(尼さんの命蓮寺住職にして、大魔法使い)」の徳を慕って集まった妖怪ではない、特殊な存在です(聖白蓮と信仰について取り決めを交わした毘沙門天の元から使わされた、命蓮寺への支援者にして監視者がナズーリンです)。勿論、生きてきた年数的にも数千歳を越えているはずで、おそらく本来の実力的には「命蓮寺一派」の中でも上位クラスじゃないでしょうか。立ち位置的には、永遠亭の「因幡てゐ」を思い起こさせます(てゐも永琳と、「兎への知能」と「竹林への居住」の交換契約を交わし、神の一員ながら協力者として永遠亭の下についている立ち場)。



で、どうやらサークル「アールグレイ」さんは、『想い風』『天の海』『唄う星』で完結させた『守矢神社三部作』に続くシリアス系ドラマCDの新作を、この「命蓮寺一派」メインで企画しているようですね。

私としては、最近は「特定キャラ萌え」&「中の人の演技頼り」で作品的に見るとあまり魅力を感じず、『唄う星』完結以来、アールグレイさんには興味があまり無くなっていたのですが。
まあ、2年前の初期の頃から色々チェックしているサークルさんでありますし
『想い風』などは、感想記事を書いたりしてもいますしね
自分で書いたこのブログの記事では「蓬莱山輝夜の声がOまちゃんだったら良いのに」とか書いていますし、実際、このサークルさんにそんなメールを送ったこともありますし(笑)。
そして登場する新作の「命蓮寺一派」シリーズで、活躍するナズーリンの声が、大好きなこの御人だと判ったからには、今後もチェックせざるを得ないでしょう!



新作のシリアス系ドラマCDは、ラジオを聴く限りだと夏以降でしょうか?
ラジオ内で「湖」と言っていることから、恐らく「チルノ」or「紅魔館」に居るキャラが出てくるものと思われます(「湖」だけだと「守矢」の可能性もありますが、ラジオ内の話の流れからアールグレイ作品に初登場のキャラっぽい感じなので)。

そして来月の3月13日・第8回博麗神社例大祭ですが、ラジオでは明言はされていないものの、ラジオ内で流れている「ナズーリン」単独の寸劇が、ドラマCDとして頒布される?のかな?

今までアールグレイさんから頒布された「DOKIDOKIディスク」って名前のCDシリーズだと、1キャラ単独作品だった場合、漏れなくキャラクターボーカルソングが入っているので、もし新作が「DOKIDOKIディスク」だとしたら、Oまちゃんファンの自分としては、歌にも期待ですかね!
ナズーリンのステージテーマ曲『小さな小さな賢将』のボーカルアレンジか〜。どんな風なアレンジだろう?
今から、そこはかとなく楽しみです。



そういえば、そろそろ例大祭8のサークルチェックも始めないといけませんね〜。
以上、お終い。
posted by 淵明 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん

2011年02月14日

おまちゃんのチョコレートですよ!!!

人生で!
最も嬉しい!!
チョコレートが目の前に!!!

おまちゃんのチョコ

声優の壱智村小真さんに、手渡しで貰ったチョコレートが、目の前に!!!!!



一昨日の2月12日に行われた、声優・氷青さんのライブ「氷青さんと冬ごもり」に行ってきたのですよ。
で、壱智村小真さん始めとする、昨年『天使と悪魔と…♪』で氷青さんと共演した声優さん達がトークゲストで出演したのですが。

ライブ終了後の物販で品物を購入した人に、一足早いバレンタインチョコをオマケとして、声優さんから頂けるとあっては、品物を買わざるを得ない!
何て分かり易い罠(笑)!商売上手!でも双方幸せな結果になるのだから全然問題なし!



というわけで、今、私の目の前には、おまちゃんから貰ったチョコが3つ。鎮座坐しているわけです。
では、幸せを噛み締めながら頂きます!!食べます!!!

それでは、私は幸せを噛み締めるのに忙しいので、ここでさようなら〜。
posted by 淵明 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん