ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2008年05月04日

東方Project第11弾&その他関係情報

例大祭も近づいてきたし、そろそろ出るかと誰もが待ちわびていた最新作の発表!

上海アリス幻樂団・東方Project第11弾「東方地霊殿 〜 Subterranean Animism.」発表!!!
『Subterranean Animism』意訳すると『地下の精霊信仰』?
まあ、風神録の段階で、以降のストーリーも大体決めてある様な事を神主は語っていましたので、おそらく今回も信仰に関するお話なのでしょう。

今回、個人的に「おや?!」っと感じたのは、
霊夢と魔理沙は温泉が出るからいいやと放っていたのだが、他の妖怪達がそれを許さずしぶしぶ土の下に潜る羽目に。
という部分。
これはなかなか興味深いストーリー展開です。

幻想郷の異変システムの前提として、『妖怪が人間に迷惑をかける騒動を起こし、その異変を起こした妖怪を人間が退治する』というものがあります。今までこのシステムから外れた事件は永夜抄だけです(花映塚は異変そのものを誰も起こしていない、風神録は異変が何も起きていない)。
個人的に、永夜抄はとても興味深い、まさにWin版東方3部作のラストを飾るにふさわしいお話だと感じているのですが、その理由がまさにココ、『幻想郷のシステムから外れている話』だという点です。

紅魔郷で日の光を遮る紅い霧(紅霧異変)を晴らし、妖々夢で終わらない冬(春雪異変)を終わらせた霊夢・魔理沙(・咲夜)の人間達ですが、そもそも永夜抄(永夜異変)は人間にとって何も起こっていないのです。いや、起こっているには起こっているのですが、『夜が明ける時間になっても朝が来ない』という異変を起こしているのはラスボスではなく、プレイヤー自身。永夜抄とは、人間が全く困らない異変であるストーリーの起因「満月の異変」という事の為に夜を止めて、『妖怪が人間に迷惑をかける騒動を起こし、その異変を起こした妖怪を人間が退治する』という幻想郷の仕組みに当てはまらない『月人(人間?)が妖怪に迷惑をかける騒動を起こし、その異変を起こした月人(人間?)を人間と妖怪のタッグが退治する』という、ある意味幻想郷の仕組みと真逆の事態なのです。

そんなストーリー背景を持つ永夜抄を、結界組でやっていて感じるのは、八雲紫の意図的誘導。彼女は恐らく全ての事態を理解した上で霊夢を自分の意図する方へ誘導していますね。霊夢の意識とは幻想郷のルールとほぼ同じですので。紫の意図、それは恐らく、幻想郷の区別の中(=霊夢の意識の中)で輝夜と永琳の『月人』達を、『人間』ではなく『人妖』に分類させる事。
輝夜と永琳が『人妖』=『妖怪』ならば、『妖怪の起こした異変(不自然な満月)を人間が解決』(ただし、不自然な満月という異変が人間に特に迷惑はかけていない部分には変わりない)という事になり、幻想郷の安定を望む紫の最も理想的な不自然な満月の解決方法になるからです。

しかし、何故、紫がここまで回りくどい手を使うのか。
彼女くらいの実力の妖怪ならば、輝夜と永琳にも敗北する様な事は無いと思うのですが、あくまで幻想郷の人間と妖怪のルールの維持(もしくは『月人』を『人間』に分類したくない?)に拘る紫の意図は?
まあ、結局そこら辺は解らず仕舞いですね。
仮に『妖怪の紫が人間の輝夜を懲らしめる』という構図が出来上がった時、幻想郷のシステムに影響が出るのか?
(もしくは『月人』=『人妖』にする事に拘っている方ならば、儚月抄で理由がわかる日も来るかもしれない?)

まあ、そんなこんなで前置きが長くなりましたが、今回の『地霊殿』は永夜抄と同じ位置からのスタート、すなわち、『人間の困らない異変が起きているが、妖怪は困るので人間を誘導して解決させる』という展開になっているわけです。しかも、
土の下には忌み嫌われた能力を持つ妖怪達が封印されていたのだが……はたして二人の運命はいかに
と、公式のあらすじに書かれているからには、恐らくこの『忌み嫌われた能力』とは、人間にとっては解りませんが、少なくとも妖怪達にとっては好ましくない能力なのでしょう。

とまあ、今回『地霊殿』が発表されて感じた事はこのくらいですかね。神主様の事ですので、今回も楽しい東方弾幕シューティングを作ってくれる事でしょう。期待しています!

そして、次。
東方緋想天、例大祭にて完成版販売&ネットにて最新体験版配布開始!

いや、例大祭までに完成するとは思っていませんでした。
先日、ダウンロードしてとりあえずプレストーリーをやってみたのですが、何となく萃夢想に比べれば優しくなった感じ?それとも霊夢が強いだけか?

こちらも、どんな話が展開するのか、また、どのキャラが出てくるのか、今から大変楽しみです。
是非、永夜抄キャラ、特に蓬莱山輝夜に出番を!

あと、些細な事ながら。
4月26日出の東方三月精、萃香が可愛すぎ。比良坂さんの書く萃香ってあんまり見た事無い気がするので、とても新鮮で可愛かったですよ。

そして最後に、5月9日の東方儚月抄・人・第12話は、秋★枝さんの体調不良で休載、と。

さて、例大祭まであと20日あまり。
そろそろ、チェックをしていかないと。
以上、終わる。
posted by 淵明 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東方関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14637521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック