ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2008年08月04日

『どきどき魔女神判2』イベントレポ2

前半から続き、後半のイベントレポをお届けしますよ〜。
それでは、どうぞ!


********************


再度声優さん方が登場して、イラスト描きゲームを開始。
お題のイラストを声優さんが描いて、司会者さんがそれぞれ一人ずつ絵を紹介、その絵を「いい絵だ!」と観客が判断したら拍手をして、一番拍手が小さかった人が『罰ゲーム』、というゲーム内容。


司会者さん「あくまで「いい絵」であって、上手い下手が判断基準ではありませんから。皆さん、頑張って描いて下さい」


最初はどき魔女2に登場する『うさ丸』の絵がお題。
お題を聞いて、声優さんから「え〜」と不安げな声があがる。
司会者さん「皆さん、もちろんゲームプレイしたでしょうから既に『うさ丸』見ていますよね?それに『うさ丸』って言うくらいですから、大体どんなキャラなのか分かりますよね?」


お題を聞くなり真っ先に描き始めた尾崎さん、壱智村さんはあっという間に描き終える(ただ、尾崎さんは「すいません。間違えたんでもう一枚描いていいですか?」と司会者さんに断ったりして、小動物系の雰囲気を醸し出していた)。
いろいろ喋りながら描いている残り4人に、おまちゃんが「はやくお描き!!」と一喝!
一喝された側のはるるんは、描き終えたおまちゃんの絵をのぞき込み「私、それには勝てます!」と発言。


そして、描き終えた全員の絵をオープン。
それぞれ皆さん、適度にウサギな絵。確かに、おまちゃんの絵は目がなんか独特な感じだ(笑)。個人的には、小林さんか伊藤さんの絵が似てるかなぁ、と。はるるんは、耳の形以外はかなり似ている印象(ただ、私も『うさ丸』の耳ってはるるんと同じ感じの記憶だった)。味里さんの絵はウサギなのだが、はるるんが「それってミッ・・・」と言ったとおり、×型のクチがアレな感じだ(笑)。


司会者さん「さて、『うさ丸』は肩慣らしです。次が本題。『皆さんが演じた自分のキャラ』を描いて下さい!」
再度あがる「え〜」という戸惑いの声。
司会者さん「先程と同じく上手い下手は関係ありません。皆さんのキャラ絵の愛があれば、いい絵が描けます。どんどんハードルを挙げていきますよ!ホラ、後の方にSNKの人も見に来ています!」
声優さんから悲鳴が上がる(笑)。


またもや真っ先に描き終わったのは尾崎さん&壱智村さん。
司会者さん「それでは、まだ時間のかかる人も居るようですので、出来た人から見せて頂きましょう」


一番最初に尾崎さんの絵(ちなみに尾崎さんは、先程に続き「間違えたのでもう一枚描いていいですか?」って描いている最中司会者さんに断ってました)。
司会者さん「尾崎さんは2だけでなく前作からアクジ役で出ているので当然良く描けていますよね?」と見せる前からいきなりハードルを上げられて焦る尾崎さん(笑)。
そしてオープンされた絵は・・・上手い。特徴を捉えているし、やる気のない目がとても良い感じに描けている。


二番目は壱智村さんの絵。
うん、先程に引き続き、目が特徴的な絵だ(笑)。似てる似てないと問われるとアレなんだが、奇妙なインパクトがある(笑)。


そしてまだ描いている人たちも、ほぼ描き終わったっぽい。
伊藤さんの絵をのぞき込んだ小林さん&味里さんから驚愕の声があがる。伊藤さんはかなり似ている絵を描いている様子。
そして、描き終わったと言う事で4人一緒にオープン。
櫻井さんは、なんか引き出し線と説明書きがいっぱいある絵。
味里さんは、独特な感じのデフォルメされたキャラ絵。
伊藤さんは、かなり原作に近い感じの絵。
小林さんは、ちょっと少女漫画風にアレンジされた感じのキャラ絵。


司会者さん「それでは、皆さんに評価して貰いましょう!」
最初は尾崎さん。そこそこな拍手。
次はおまちゃん。尾崎さんよりはやや小さいか?


そして、はるるん。
司会者さんが拍手を促す前に「ちょっと待って下さい!みんな、空気読んで!」と一言。
それを聞いて私が思った事は、『ああ、拍手して欲しくないって事ですか(笑)』
司会者さんも、もちろん「あれ、そんな事言ったら、皆さん空気読んじゃいますよ?罰ゲームやって貰う為には拍手が小さければ良いんですから」
そして、会場全体空気読んで拍手はゼロ。
「ちょ!」っと叫ぶはるるんに起こる会場内の爆笑!それに「笑うな!」と叫ぶはるるん(笑)。うん、お約束通りだね(笑)。


そして4人目の味里さんの絵。そこそこな拍手。
司会者さん「マスコットでありそうな絵ですよね」と評価。
味里さん「ホントですか、嬉しいです!」


5人目、伊藤さん。これも、そこそこな拍手。
司会者さんや周りの声優さんからも「上手い!」の評価。
ただ、伊藤さんご本人のコメントが「くれは(櫻井さん演じるキャラ)の方が描きやすいんですけど・・・」
間髪入れずはるるんから「ケンカ売ってるの!?」という鋭い突っ込みが(爆笑)。


6人目、小林さん。そこそこな拍手(もう3人目のはるるんでオチが付いてるし(笑))。
司会者さんから「普段から絵とか描かれるんですか?」との質問。
小林さん「いえ、特に描いたりは」との答え。


そしてもちろん罰ゲームは櫻井浩美さん!
初見のセリフを読んで貰う罰ゲーム。セリフは3種類。
司会者さん「『ツンデレ』『姉』『妹』の3種類どれを演じて貰いたいですか?」との問いかけに、誰かが「全部!」と発言。
司会者さん「皆さんのリクエストが全部との事ですので、全部お願いします!」
櫻井さん「えぇ!?約1名だけですよね!?」
ここで会場全体から拍手&声援!


3種類全部演じるはるるん。
最初は『ツンデレ』。セリフが言い終わって一拍おいて、「拍手は!?」と叫ぶ所が、流石はるるん節炸裂だ(笑)。
(聞いてるこちらとしては、拍手したくても何処でセリフが終わりなのか解らないのですが(苦笑))
次は『姉』。はるるんがセリフを言い終えた瞬間、右に座っている味里さんor伊藤さんor小林さんの誰だか記憶が定かでは無いのですが、スケッチブックに大きく書かれた『拍手!!』の文字をオープン!!
セリフ終了のタイミングの解らない観客側の空気を読んだナイスプレー!タイミング良く起こる拍手に満足げなはるるん。
そして最後に『妹』。ご自身はあまり得意としてないようですが、私は結構はるるんの年下声好きなのですが。


そんなこんなで3種類やり終えて、はるるんが言った言葉は「狙ってました!この方が『おいしい』かなと思って!」(会場爆笑)


これにてイラスト描きゲームは終了。
結果に納得のいかないはるるんは自分の絵を見ながら何やら独り言を言っている様子。
それを耳にしたおまちゃんが、「眉毛描けば『くれは』になるって言ってますよ!」と独り言をマイクで暴露(笑)。


この後、サイン色紙プレゼントのくじ引き。
声優さん一人ずつのサインが2枚×6人の計12枚。ドラマCDの時に書いた寄せ書き色紙が6枚の計18枚。
参加者が80人ほどなので、当たる率は約23%程の確率。
まあ、自分はおまちゃん以外は特に・・・ですし、おまちゃんのサインは以前頂きましたので、のんびり結果を見ていたのですが・・・。
はるるんの引いた番号が53番。自分の隣の53番は欠席で、その為引き直すと今度は55番!自分の隣の人が貰ってました。
・・・54番の自分としては、なんか跳ばされたみたいで寂しい気分に(笑)。
そして、自分のもう片方の隣の52番の人も伊藤さんのサインが当たり!
・・・なにこれ。54番、ホントに駄目な番号だな(笑)!


そして、サインプレゼントも終わり、会場に来ていた作曲家の志緒川さんとディレクターの青木さんから一言挨拶。
それも終わり、最後に声優さんから会場の参加者に一言。


小林さん
「自分のキャラの出番は後半ですが、出て来たら可愛いがってあげて下さい。
ゲームをプレイするとき、今日私たちが描いた絵を思い浮かべると楽しいかも。特に『くれは』とか(会場爆笑)。」


伊藤さん
(伊藤さんは、コメント内容がほとんど聞き取れず。)
(さっき「ケンカ売ってるの!?」と言われた所為か、はるるんを気遣っている様子(笑))
(司会者さんに「会場の皆さんへコメントをお願いします(笑)」とか、はるるんに「マイク近づけて!」とか色々突っ込まれてた。可哀想に・・・頑張れ!)


味里さん
「双子を頑張ったので是非聞いて欲しいです。
ゲームの仕事は初めてだったんですけど、楽しかったです」


櫻井さん
「今日のイベントまでにゲームクリアしてきてメーカーさんに媚び売ろう(会場爆笑)と思ってたのに、前作よりずっとボリュームあって。
私、前作には出演してないのに、ちゃんと買ってクリアしてるんですよ。
で、デュオはまだクリアできなくて途中で・・・あぁ?(小林さんが「ひめき(小林さん演じるキャラ)は出てきましたか?」と話しかけた為、この反応)ううん、まだ出てない。今『ねおん』の辺りで。
是非またイベントやりたいです!」
(司会者さん「じゃあ、また皆さんでイベント出来るように盛り上げて行きましょう」)
「いえ、私が出てれば他の人は別に。(会場爆笑)
踏み台にしてのし上がります!」


(司会者さん「はい、それではとてもやり辛い空気ですが(笑)、壱智村さん」)
壱智村さん
「先日のドラマCDの収録で、初めてキャスト全員そろったのですが、まだまだ暴れ足りません!もっといろいろ出来るよう、応援お願いします!」
(はるるんが「アニメ化とか!」と付け足し)


(司会者さん「それでは最後にまとめて貰いましょう、尾崎さん」)
尾崎さん
「えーと、始まる前に楽屋でも先輩方に『何言っても最後は未來ちゃんがまとめてくれるよね♪』と言われていたのですが・・・無理です!
私もゲーム自腹で買ってやってるんですけど、前作より魔法バトルが難しくて、やっと『ねおん』まで進めました。
自分で「アクジさん、ファイトです!」(前作のヒロイン『まほ』の物真似。結構似てる(笑))って励ましながら頑張っています!」


これでイベント終了。
時刻は16時10分くらい。開始時に色々アクシデントがあったので、大体1時間のイベントでした。
そして、会場を出るときに貰った、参加者全員へのプレゼント。

どき魔女イベント2

********************


感想としては、やっぱりおまちゃんが良いキャラクターをしているなぁ、と。
ホント、声とか挙動とか可愛いですよね。大好きです。
あと、初めてはるるんをリアルで見ました。「あぁ?」とか「狙ってました!」とかいつも通りの様子が生で見れて、大変良かったです(笑)。
イベントを総括すると、マイクの為か一部聞き取りづらい所もありましたが、とても面白いイベントでした。
是非また、ドラマCDの発売にあわせてイベントやって下さい!
posted by 淵明 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17596465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック