ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2008年12月12日

幻想郷は全てを受け入れる。けど、変わらない

実に陳腐なタイトルだというツッコミは受け付けません(笑)。

雑念雑記はてな出張所さんの『幻想郷と四重結界』に書かれている事に、ほぼ同意。
昨日の記事の最後ら辺で私が言いたかった事が、遙かに解りやすく、遙かに面白く書かれています。
素晴らしい。

神主が『公式』をしっかりと堅持している限り、東方は今までと何も変わらないです。

私、巨大匿名掲示板や○コニ○動画に全く興味の無い者ですので、こちらのサイトさんの「二次創作のほうがもう巨大かなだし、それは手おくれの印象さえある」とかいう話を見ても、今ひとつピンと来ないんですよね。
「派生のほうが主流になってしまう」って言うのは、極端な例えを挙げれば、「フラッシュ作品が原作で、神主の弾幕シューティングは、フラッシュのキャラを用いて作られた」って思う人の方が一杯いる状態って事?
・・・面白いな、それは(爆笑)。
いや、そう思ってる人にはそう思ってて貰えば良いんじゃないかな(笑)。
興味があれば自分で調べて事実を知る事もあるかもしれない。
そこ止まりの人なら、そのままで居れば良いし。
少なくとも、派生を作っている人は原作を(どのくらいかはともかく)知っているのだから。
派生の派生を作っている人は知らないかもしれないけど、その元をたどれば、絶対に神主に行き着くわけだし。
何が公式で何が非公式なのか解らない位しか興味が無い人は、別にそこ止まりなので、そのままで楽しんでいれば良いんじゃない?
結局、外野が何を考えていようと、主流がなんだろうと、何処まで行っても原作と派生の境界は、何も変わらないよね。

知る切っ掛けなんて、何でも良い。
幻想郷は、来る者は拒まず。
でも、よく分からない人にわざわざ説明したり、興味の無い人に宣伝して迎え入れたりはしませんから。
つまり、
「幻想郷は全てを受け入れるのよ。それはそれは残酷な話ですわ。」(八雲紫)
って事なんじゃないかな?(飛躍しすぎor意味不明?)

現在の状態は、『東方を元にした創作物』が大流行しているだけですよね。
『東方』そのものは、多少大きくなっただけで、変わっていないと思いますよ。
私が東方にはまった『永夜抄』の頃から『香霖堂』はもう連載されていたわけですから、商業進出なんてWIN版東方のかなり初期の頃からの事ですし。
『香霖堂』が多少規模を大きくしたものが、『三月精』『儚月抄』なだけですし。

『東方を元にした創作物』は、特に音楽関係で、なにやらカラオケに入っていたり(カラオケ行かないので興味なし)、祖父地図やア○メ○トとかでも売ってたりと、かなり幅広い範囲で小銭稼ぎに余念が無いようですが(笑)。
そういった派生作品ですが、私も神主に近い意見で、「その人がやりたいなら良いんじゃないですか?」と言ったところです。
やりたい人がいて、欲しい人がいるなら、その両者で、良い契約関係が成り立っている訳じゃないですか。
ただ、そのやりたい人と欲しい人の2者でやっている事に、神主は全く関与しませんよ、って事で。

そして、神主は神主でやりたい事をやり、神主のやる事を欲しがっている人がそれを受け取る。
派生は派生、神主は神主、それぞれがやりたいようにやってるだけですね。

これが商業作品なら、「受手がこれだけ盛り上がっているから、もっと拡大路線で!」みたいになるんでしょう。
でも、神主は周りの騒ぎを気にしてない(少なくともスタンスは)。
神主の態度のそこら辺に、いろいろ不安を感じる人も居るんでしょう。
私は逆に、神主がこんなスタンスだから、安心しているんですが。

昨日の記事を書く切っ掛けになった、FiRSTRoNでのweb拍手の件ですが、Faxiaさんから「作品が一人歩きしてる好例(?)みたいな感じですが、原作者も把握しきれない方向へ行こうとしてる気がしなくも無いコトも有ったり無かったり。」と言うコメントを頂きました。
ある意味、この表現は言い得ているんですよね。素晴らしい。
作品が一人歩きしていて、原作者も(迷惑をかけられない限り)放任主義。
たぶん原作者は、(二次創作が)何処に行こうと(迷惑をかけられない限り)気にしないでしょう。
まさに、こんな『好例』はあまり類を見ないのではないでしょうかね?

つまり、12月10日の博麗幻想書譜に書かれている最後の言葉の通りな訳ですよ。
その言葉を引用して、この長い文章を締めさせて頂きます。
「そんな感じで楽しい創作を続けて頂きたいです。」
posted by 淵明 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 東方関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24203471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

自己表現が現在の状況では商品化されることは免れないという事情が、本家と二次創作の境界を曖昧にするのかなって思う
Excerpt:  欲辨已忘言さん「幻想郷は全てを受け入れる。けど、変わらない」 『私、巨大匿名掲示板や○コニ○動画に全く興味の無い者ですので、こちら...
Weblog: 隠れ蓑〜penseur〜
Tracked: 2008-12-13 13:41