ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2009年05月06日

『四季の狂剣』序盤の感想

『みょふ〜会』さん作の同人ゲーム『四季の狂剣』の序盤を終えた感想を書いてみます。

古くから東方界隈に居る人なら、誰もが知る有名サークル『みょふ〜会』さん。
ご自身でシリアスからギャグまで数多くの同人誌を出し、それ以外でも、『はちみつくまさん』の『東方サッカー』で絵やムービー、『TeamLink』さんの長編小説『東方恋綺弓』のイラスト及びオリジナルキャラのデザイン等、あちこちで大活躍していたサークルさんでした。
その『みょふ〜会』さんがオリジナルゲームを作る事を発表して早2年近く。
遂に先月の『COMIC1☆3』にて、完成したゲームが頒布開始されました。

四季の狂剣

と言う訳で、『四季の狂剣』のサイトより『女性キャラを無駄に集めた酷いバナー』を張らせて頂きます(笑)。
いや〜、私も完成を楽しみにしていたんですよ、『四季の狂剣』。
とらのあな通販で予約して、1週間くらい前には入手していたんですけどね。だいぶインストールが遅くなってしまいました。
とりあえず部屋の片付けを中断して、先程インストールし、【最初っから】を終え、【はじめから】を開始し、序盤数キャラと戦いました。

まだまだ序盤ですが、面白いですね。
【最初っから】で、操作方法のチュートリアル及び話のプロローグを体験できます。
ここをやれば、説明書を読むことなく大体の操作方法は身につけられますね。
ゲームシステムとしては、『四季の狂剣』はフラッシュゲームで、使うのもキーボードのキーを3つくらいしか使わないのですが、相手との間合い取りや攻撃のタイミング等、単純ながら奥深いです。
話も、幾つか気になる単語が飛び出しプレイヤーの気を惹いて、良い感じですね。先が気になります。謎だらけの先生の行動の裏には、一体何があるんでしょうか?
ちなみに【最初っから】は、ゆっくりやっても1時間半くらいで終わると思います。

【最初っから】が終わりましたら、【はじめから】で『四季の狂剣』の本編開始です。
【最初っから】には登場しなかった新キャラも大量に登場し、主人公・絶阿(ぜつあ)の新しい生活がスタートします。
現在、2キャラを試合で倒しましたが、これからどういう話になるのか全く不明です。
以前『みょふ〜会』さんで、「殆どの登場人物が死ぬ事になる」というのを見かけた記憶があるのですが、どうなるんでしょうか?
『狂剣』というタイトル、そして『相手が死ぬ事によって終わる勝負』という要素がゲームに有る以上、最終的には死屍累々なお話になるんでしょうね。

そして、『四季の狂剣』のサイトで公開されている『発注さんの操作説明』が東方ファンの琴線に触れすぎて困る(笑)。
発注さんて!並って!その発想が凄いよ!さすが、みょふ〜会さん!

とりあえず物語中盤、もしくはクリアしたら、また感想でも書いてみます。
それでは〜。
posted by 淵明 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28932995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック