ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2009年06月18日

テレビの蒼天航路・ジャンプの水滸伝

さて、そろそろ結構な話数を見た事ですし結論付けても良い頃合いなので、書いてみようかなぁ、と。


まず、テレビアニメの『蒼天航路』。
原作コミックは、全巻所持している程、好きな作品です。
作画は良いし、シナリオも所々アレですが、頑張ってテレビアニメ用にアレンジしています。
ただ、それらを全て台無しにする程悪い部分が一つ。

宮野真守氏を曹操の声役に選んだ奴を、
思いっきりゲンコツで殴ってやりたい。


とりあえず、これが全てですかね。
別に、宮野真守氏は嫌いでもなんでもないんですよ。若いのにあっちこっちで大きな役やって、頑張ってますよね。私の妹と同い年ですよ、彼。
線の細い二枚目の声やらせたら、とても嵌っていると思いますよ。
・・・だからこそ、曹操の声の似合わない事似合わない事。
本当に、似合わない事似合わない事。
大事な事なので何度でも言いますよ。
彼の声では、曹操の声として、迫力が無さ過ぎです。

関智一氏の演じる劉備が、演技・声質の両方ともにキャラとマッチしていると心の底から思えるだけに、曹操の声がミスキャストである事が本当に残念でなりません。

宮野真守氏は・・・そうですね。良く言えば、周瑜とか諸葛亮とかならば、似合うんじゃないですかね。
個人的には、何晏が似合うと思うんですけど。まあ、そんな終盤までアニメでやるのかどうかは知りませんが。

曹操という人物のキャラクターで魅せる作品であるだけに、曹操役が似合わないというのは、埋めようのない致命的な欠陥なので、個人的にはテレビアニメ版『蒼天航路』は大失敗だと考えています。


次、ジャンプで始まった『水滸伝』。
正式なタイトルは知りません。立ち読みしてるだけなんで。
アレは・・・なんなんですかね?
どこが面白い・・・のですか?

作者に会って訊いてみたい。
「この漫画の何処が面白いと思ってあなたは描いているんですか?」と。


まず、主人公が嫌い。
戴宗とキャラが違いすぎるとかそんな問題以前に、あの主人公の言動が嫌い。
少年漫画のバトル物の主人公の言動とは思えない。
そして、林冲のキャラ設定やデザイン見て思ったんだけど、腐女子向けに描いてるつもりなんですかね?
歴女ブームとかいう風潮に乗っかって、「『封神演義』の頃の客層よ、もう一度」とか思っちゃってるんですかね?
だとしたら、ジャンプ編集部も救いようのない馬鹿揃いですね♪

そんな訳で、画風がどことなく藤崎竜の『封神演義』に似てはいますが、似てるだけですね。
藤崎竜『封神演義』は、一話目から「これは面白い!」とビックリしましたが、この水滸伝は一話目から「これはつまらない・・・」とビックリしました。
主人公の攻撃力の秘密が、紙で手を切るのと同じ「摩擦力」で斬っているとかいう説明見た時は、「これで強さの説明をしたつもりなんだ・・・弱そうにしか思えない」と感激しました。
藤崎竜『封神演義』は、原作の安能務『封神演義』を読んでる人間にとっては、作品の根幹である【宝貝でのファンタジックなバトル】を最大限に生かしつつ、少年漫画らしいアレンジをし、原作の大まかなストーリーに沿いつつ、藤崎竜らしいSFオチに持っていくという、ホントに上手い出来でした。
ところがこの水滸伝モノは駄目だ。水滸伝の根底に流れるテーマ【侠】を、全く活かせていない。
漫画の題材が水滸伝である意味が、全く解らない。

そもそも、水滸伝という題材選びからしてチャレンジ過ぎます。

『封神演義』は『仙人や妖怪がバンバン出てきて殺し合い、最後は味方の王様が天下取って、敵の妖怪もやっつけて、めでたしめでたし、おしまい。』で終わります。神話と歴史が混然としている作品設定ですし、多少強引な事をしても大丈夫というメリットもあります。

ところが水滸伝。どうやっても、悲劇でしか終われません。
原作自体が、悲劇の終わり方なのですから。
日本で普及している百二十回本では、108人の一味の首領である宋江が、朝廷の悪い大臣に毒殺されて終わるという有様です。
かといって、中国で普及している七十回本では、108人の仲間が揃い「俺たちの戦いはこれからだぜ!」で終わるという、まんまジャンプの打ち切り漫画みたいな終わり方になってしまいます。
だからこそ、『水滸後伝』をはじめとする水滸伝の2次創作作品が、中国ではいくつも出ている訳ですが。

歴史の上では、宋王朝は水滸伝開始の年代から間もなくして、一旦滅びます。
国内で相次ぐ反乱、建国以来の悲願・燕雲十六州の奪取にこだわるあまり金国に頼りすぎ、そして結局『靖康の変』を招いて宋は滅びます。
水滸伝開始時の皇帝・徽宗は、最終的に女真族の金に国を滅ぼされ、北方に捕虜として連行され、死して後まで、故郷の地を踏む事が出来ない運命なのですから。
水滸伝が『歴史物』という枠の中にいる以上、統一王朝としての宋の滅亡、そして金と南宋の分裂時代に中国の歴史が突入する事は避けられない訳です。

悲劇で終わらない方法として考えられるのはただ一つ。水滸伝とは似ても似つかぬ話にすれば解決するのですね。歴史とか気にしないで。
・・・なるほど、だから魯智深が坊主で仲間になってるのにも関わらず、林冲が官軍にまだ居るなんていう時系列が滅茶苦茶な話になるんですね〜。
いっそのこと、水滸伝とか関係ないオリジナル作品を描けば良いのに♪

初期の話で、五代の時代とか宋がお金で平和を買ってるだとか、中途半端に史実っぽい事言っちゃって、どうやって収集つけるんでしょうかね?
しかも、群像劇的な話の進み方をする水滸伝で、主人公を1人設定して、それで話を進めていくって、どんなチャレンジスピリッツですか?

まあ、そんな先の話なんて、どうでも良いか。
早々に打ち切りだろうし。
連載期間予想は、保ってコミック2巻分かな。
頑張って下さい。


書きたい事かいて気が晴れたので、終わる。
posted by 淵明 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29896667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック