ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2009年10月10日

2009年10月現在『三國志』ネタ関連のアニメ

『三國志演義』のアニメ化
中日合作アニメ『三国演義』
2009年10月からNHKで放送開始と夏頃話に聞いたけど、10月現在の今日、全く話題になってない件について。
本当に、アニメ、やるの?
やるなら、クオリティはともかくとして『三國志演義』の正統なアニメ化作品として、一応チェックしようと思ってるんだけど。
あ、ちなみに日本では『三國志演義』って呼ばれる作品は、中国では歴史書の『三國志』と混同しない様に『三国演義』と昔から呼びます。個人的には日本でも『三国演義』って呼ぶ様にならないかなと思うんですが、百年以上呼んできた呼び方が今更変わるわけも無いですね。
ちなみに『三国史記』と言うと、朝鮮半島の歴史書です(新羅・高句麗・百済の三国分裂時代)。いろいろ似ていて紛らわしい。


『三國志演義』が元ネタのアニメ(その1)
先週から始まった『真・恋(中略)双』のアニメ、何とはなしにテレビを付けて、流し見てしまった。
・・・だんだん、存在に慣れてきたよ・・・。まあ、これも有りなんじゃない?全くの架空の作品として考えれば。
そして、おまちゃんの出番は、まだですか?それだけが、楽しみです。


『三國志演義』が元ネタのアニメ(その2)
『BB戦士三国伝』がアニメ化とか。
・・・もうね、訳が分からないよ。
エロゲからガンダムまで、三國志ネタ。みんなそんなに『三國志演義』が好きなのか。
あと個人的な事ですが、一年に一度くらい、唐突にプラモデルが作りたくなって地元の店のプラモデル売場をうろつくことがあるのだけれど(そして、うろつくだけで満足して買わないのだけれど)、2週間ほど前にそこで『黄忠』や『馬超』のSDガンダムが売ってるのを見て、「ああ、『ホウ統(ホウは广に龍)』のガンプラなら買っても良いかな」(注:淵明さんは『ホウ統』が好きなのです)と思ったので、売場を探してみたが見つからず。
「まだプラモ化されてないのかしら?」と思い、家に帰ってネットで調べてみると、『BB戦士三国伝』漫画版ストーリーの『ホウ統』に関する部分があまりの超展開ぶりであり爆笑。
概略を言うと、「孔明に激しい敵対心を見せ、司馬懿の部下として魏に仕えて、南蛮で孟獲と孔明を争わせる策をたてるが孔明に破られ、暗黒玉璽の闇の力で異様な姿に変貌し再度孔明に挑む」とか。
すげえ。暗黒玉璽だって。ここまで低年齢男の子向けに超改編してると、いっそ清々しいわ。読みたくなってきた。
ところで『ホウ統』は『ヤクト・ドーガ』ってロボらしいんですけど、どんなロボなんですか?ガンダムは昔から興味なくて、アニメを見たことがほとんど無いので、ロボットの種類を知らないんですよね〜。


『三國志』が元ネタのアニメ
先月で終わったらしいアニメ版『蒼天航路』は、漫画版に遙かに及ばないし、別に好きな声優もいないため、途中で視聴をバッサリ切りました。
呂布が暴れてる辺りはチラッと見たんですけど、結局どの辺までアニメ化したんですかね?官渡の戦いまで行ったんですか?
まあ、別にそれ程知りたいわけでもないし、いいや。
凡作凡作。


なんだこれ。
こんなネタだけで長い記事が書けたぞ。そんなに関連作品のアニメ化が多いのか。いわゆる、ブーム状態なのか?
全然、そんな気はしないのだけれども。
おしまい。
posted by 淵明 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 逸般人向け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32815751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック