ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2010年10月23日

イベント『天使と悪魔と…♪』に行ってきました!(夜の部)

……何事も無かったかのように、ひっそりと夜の部のレポート(っていうか、当日の私の行動記録)を公開します。書きかけた当時の日付のままに(笑)。
……この文章、かなり早い時期から書くには書いてあったんですよ?ただ、箇条書き的な文章を繋がりある文章に直す手間とか、人に読んで貰う文章に直す手間とか、そこら辺が一番面倒なんですよ……。
そんな訳で、昼の部の記事を公開してから夜の部の記事を公開するまでに、かなり間が空いてしまいました。
この記事を待っていた人が仮にいるとしたら、お待たせしてしまいすいませんでした〜。



で、前回の続きから(前回の昼の部レポートは、このリンク先をどうぞ〜)。


昼の部の公演が終わって外に出てきたので、早速、『壱智村小真さんへスタンド花を贈ろう!』企画の参加者の人達と落ち合うべく、連絡を取ります。
会場前にて、京阪びわこ号さん、御導はるかさん、野良ぐろさんの企画参加のお三方(+京阪びわこ号さんのお連れの人)と合流。私も人数に入れて、計5人の集団となりました。

そしてこの時、他の人から「会場入り口付近に(STPでお馴染みの声優である)西垣さんがスタッフとして居た」という情報を聞きまして。
ビックリして会場入り口付近のスタッフさんをよく見てみると、確かに4ヶ月前のたまトザ公演『さよなら、地球人。』で活躍していた、西垣さんがいらっしゃるではないですか!
「西垣さんは、おまちゃんに頼まれて、お手伝いに来てるのかなぁ?」と思いつつ、もう会場を出てしまったので今更話しかけに戻るわけにもいきませんし、そもそもスタッフとしてお仕事をしてるので無闇に話しかけるのも御邪魔でしょうし。

西垣さんには「夜の部の時に、話しかけられるタイミングがあったら話しかけてみよう」と心に留め置いて、とりあえず皆さんと一緒に会場前から移動を開始しました。



昼の部が終わったのが15時。夜の部の入場開始が18時。
単純計算で、空き時間は3時間。
渋谷駅から会場までが徒歩で10分程。
渋谷駅から新宿まで出たとしても、移動に余裕を見ると自由に動けるのは2時間弱。
秋葉原まで行ったら更に時間がかかって、自由に動けるのは1時間ちょっと。

以上のように、渋谷から離れて何処かへ繰り出すには中途半端な時間ですから、渋谷で適当に御飯でも食べながら小規模オフ会っぽい感じにしようという事になりまして、5分程歩いた場所にあったファミレスに入店しました。

……というか私の予定的には、企画参加者の皆さんで、おまちゃん宛のミニ色紙に一言寄せ書きっぽいものを書いて貰いたかったので、机があってくつろげる所に行きたかったのですが!
(しかも、自分個人のおまちゃん宛手紙も下書き段階だったので、ファミレスにとても行きたかったのです。企画参加者の皆さん、お付き合い下さり、ありがとうございました!)

ファミレスでは皆さんと、おまちゃんの話とか、webラジオについてとか、ゲームについてとか、色々お話出来て、とても楽しかったです!
ミニ色紙に関しても、協力して下さってありがとうございました!
そして私は、色紙の準備をしたり、手紙を書いたりと、半分以上の時間を別の作業をしながら会話をしていて、ホント、落ち着きのない主催でしたね〜(笑)。反省です。



楽しく会話していると、時間も過ぎて17時40分近くになりました。そろそろ良い時間かなぁ、と言うことで、会場に向かいます。
到着してみると、隣の会場でも別のライブが有るようで、会場前は昼の部の比では無い混雑です。
企画参加者の皆さん、入場番号はバラバラですので、会場前でお別れして各自の入場順の待機場所へと向かいます。
私は、まず会場側のコンビニで両面テープを購入して、昼の時に接着できなかった色紙の飾りを接着し、おまちゃんへ贈るものを完成させる作業。
その後、自分の待機場所へと向かいます。

ほぼ18時丁度に、入場開始です。私の番号は21番なので、先頭の人が入って1分程で入場出来ました。
昼の部と同様に、チケットを切ってもらい、ドリンク代500円を払ってドリンクチケットを受け取り、会場に入ります。夜の部は昼の部と違い、来場者オマケの袋を入場時に貰えませんでした。

そして、私の確保した夜の部の座席は、何の因果か午前中と全く同じ座席(笑)。客席右側の通路から、右に3席目の最前列です。
まあ入場番号が、昼の部19番、夜の部21番と近かったので、良い席から順番に埋まっていけば、自然と午前も午後も似た様な場所の席になりますわな〜。

座席確保したら次は、おまちゃんへの差し入れの品を、受付へ持って行かなければなりません。
会場奥の差し入れ受付カウンターに、私の用意してきた袋を持って行きます。
そのカウンターでは、持ってきた差し入れが誰宛なのか明確に解るように、タグorシールみたいなのに誰宛なのか記入して、荷物に取り付けていたようです(私の前に2人ほど居て、タグみたいなのを書いていました)。
私の場合、8cm×4cmくらいの大きさのシールに『壱智村小真さんへ  淵明より』って記入して、持参した袋に予め貼り付けてあったので、受付でタグ記入する必要も無く。
受付の女性に「壱智村さん宛にお願いします」と荷物を渡しただけで、すぐに終了しました。
ちなみに、差し入れをした人には、下の写真の様なお菓子を返礼として配っていました。

天悪返礼

差し入れが完了したら、次はドリンク交換です。昼の部に引き続き夜の部も、早々にドリンクを受け取って、開演前に飲んでしまう事とします。
おまちゃんへの差し入れも無事に渡せて、肩の荷も降りた気分なのでドリンクも美味しく飲めるというものです。



で、以下ステージのおおまかな流れは、夜の部も昼の部も同じなので、昼夜で違ったことを中心に記述していきます。



入場もあらかた済み、暫くすると、昼の部と同様にステージ上に誰か出てきました。
昼の部は、やなせさんと友永さんがステージ上に出てきましたが、夜の部は、ひと美さんと氷青さんでした。
ステージに出てきたお2人は、「終演21:00で、物販終了21:30なので、グッズ購入希望の人は、開演前の今の内に購入して下さい〜」と呼びかけていましたが、会場内は既に満員状態。
お2人も、「って言っても、もう今から外に買いには行けないよね……」と苦笑していました。

夜の部でも、天使&悪魔の4人の声優さんが観客にお菓子や紙花を配って回っていたのですが、夜の部の時は、招待客用の2階席からお菓子を客席に投げたりしてましたね。



前説には、昼とそれぞれ役割が逆になった、キューピッドの衣装を着た壱智村小真さん&黒ネコの衣装を着た民安ともえさんが登場。……なのですが、おまちゃんのキューピッドの衣装が、凄い!可愛いけども、肩が完全に出ていて、とても色っぽい!あまりの素敵さに、私は殺されるかと思いました!
おまちゃんカワイイよおまちゃん。
あと、夜の部の前説では民安さんのエロ思考回路のスイッチが入ってしまい、トークについて行けなくなったおまちゃんが無言で舞台袖に去ろうとするのを、慌てて民安さんが謝りながら止める場面もあったり(笑)。



前説が終わると、昼と同じく一条さんの出番。夜の部では、悪魔の上役である魔王様のモノローグが流れました。
一条さんの「魔王アオベエ」発言に沸く観客席(アニメ『おじゃる丸』で一条さんが演じている役がアオベエ)。やっぱりこれは一条さんのアドリブなんですかね?だとしたら流石です。



そして、魔王様のモノローグの内容を受けて、朗読劇が始まります。
ちなみに、夜の部のメンバー構成は昼の部と真逆の、
 天使:やなせなつみ、友永朱音(キューピッド:壱智村小真)
 悪魔:ひと美、氷雨(黒ネコ:民安ともえ)
となっております。

夜の部の朗読劇は『探偵と泥棒』。内容的には昼とは別のパターンで、こちらも王道的な展開。友永さん演じる怪盗が、氷青さん演じる泥棒の正体を見破ったまでは良かったのですが……。
探偵に正義があると思って天使が探偵側の味方に付くのですが、実は探偵はとても自己中心的な理由で探偵をやってるだけで、正義と言い切れない性格だったり。
泥棒が悪だと思って泥棒側の味方に悪魔が付くのですが、実は幼い子供の為に泥棒をやっていて、悪と言い切れなかったり。
結局、上手く行かなくて疲れ果てた天使&悪魔は、「人間はよく解らない」という結論に落ち着くのでした。



朗読劇の次は、観客から寄せられたメールを読むフリートークコーナー。
昼の部で得た教訓で、特殊なパイプ椅子の開き方にも慣れてきた出演者の皆さんです。
10通弱、メールが読まれたと思います。



そして、雷鳴のSEが鳴り響いて、フリートークコーナーが終了。
最後は歌のコーナーです。



1番手は、悪魔・ひと美さんの歌。
テンポの速い、疾走感のあるカッコイイ歌でしたね。
ひと美さん、格好良かったです。



2番手は、天使・やなせなつみさんの歌。
昼の部と同様に、おまちゃん&民安さんも登場。
今回は、やなせさんの歌が歌劇っぽい歌だったので、その演劇部分を担当。おまちゃんが悲しむ少女役で、民安さんが少女を慰めるために嘘をつく天使役でした。
歌唱パートと演劇パートを交互に繰り返しながらのストーリー仕立てです。



3番手は、天使・友永朱音さんの歌。
高らかに歌い上げる感じの、とても綺麗な印象の歌でした。
まさに高貴で純白な『天使の歌』って感じ。



4番手は、悪魔・氷青さんの歌。
何みたいと例えれば良いんだろう?とにかくカッコイイ歌です。私の少ない音楽知識では、そうとしか表現できない。
ホント、やっぱり氷青さんは流石の歌唱力だわ……。



以上4曲で歌のコーナーも終了し、出演者全員舞台上に出てきて、終了の挨拶をして、終わる、と見せかけて、当然のアンコールです。

アンコールの呼び声と共に、再度ステージに現れる6人の声優さん。
そして、やなせさんの発した「まだ(ソロで)歌ってない人が2人居ますね♪」というセリフで、私のボルテージがMAXに!
おまちゃんの歌!おまちゃんのソロの生歌、来るよ!!!



アンコール1曲目は、黒ネコ・民安さんの歌。
使い魔の黒ネコらしい、可愛い感じの歌でした。
ニャ〜。



そしてアンコール2曲目は!キューピッド・壱智村小真さんの歌!
待ちに待った、おまちゃんのソロソング!!!
ノリの良い、アップテンポな明るく元気な歌です。
歌詞の合間の間奏部分では、他の5人の声優さんの合いの手っぽい台詞もあり。
しかし、CDで聴くよりも生で聴いた方が、おまちゃん歌が上手い気がしますよ!

ひとつ残念なことがあるとすれば、おまちゃんが歌っている場所が、舞台の左側だということ!ちなみに、私の座席は右寄り。つまり、遠いです!座席選定に失敗した!無念!
舞台左側にて椅子に座って、固定スタンドマイクで歌うおまちゃん。キューピッドの弓をハープの様に掻き鳴らす振り付けで(たぶん、そんな感じ。遠くてよく見えなかったけど)!
歌を歌い終わったら、やおら立ち上がり、弓にてキューピッドの矢を引き絞り、客席に撃つ!というキューピッドっぽい演出。あの矢を拾った人は、実に羨ましい!

そして私は距離的には遠いながらも、おまちゃんが歌うことを信じて用意してきたイエローのサイリュームを手に、おまちゃんの歌声を堪能しましたよ!
歌の前奏と歌い終わったときに、何回か「おまちゃーん!!!」と叫んだ記憶があるような気がしたりしなかったり(笑)。



アンコール3曲目は、本当に本当のラストソング。
出演者6人全員で歌う歌(昼の部とは別の歌)で、本当にお終いです。
昼の部とは違う歌ですが、こちらもアイドルっぽい、明るく可愛い感じの歌です。
個人的には、昼の6人全員で歌った歌より、こちらの方が好みでした。



そんな訳で、今度こそステージは終了。
声優さん6人が舞台袖にはけると、開始時と同様に魔王様こと一条さんのモノローグが話を締めて、全プログラム終了です。

魔王様も昼の部の神様と同じように真面目に締めるのかと思っていたら、朗読劇にあった「カズ兄ちゃんの浮気」という台詞に冷や汗をかいたと話す魔王・一条【カズ】矢さん(笑)。そんな一条さんのアドリブ(なのかな?)に、会場内も大爆笑です(笑)。
一条さん大人気な感じでモノローグも終わり、それに続き昼の部と同じく、キューピッド・おまちゃんと黒ネコ・民安さんの会話が始まります。
内容的には、キューピッドと黒ネコの寸劇&これで夜の部は終わりです&外で物販やってるから買ってね、といった所でした。



帰りがけに出口の所でスタッフさんに断って、『壱智村小真さんへスタンド花を贈ろう!』企画のスタンド花を携帯電話で撮影。
そして出口でおみやげを渡す作業をしている西垣さんに話しかけて、作業の邪魔にならない程度に少し会話。
もちろん、スタンド花の話をしました。おまちゃんへの「とっても素晴らしいイベントでした。お花も喜んで貰えたら嬉しいです」との言伝を、お手数ながら西垣さんにお願いして、会場をあとにしました。



以上で、当日の私の行動レポートっぽいものは終わりです。



イベントのおみやげとして頂いた、出演者様のランダム封入生写真は昼・夜で計3枚手に入りまして……。
  1枚は『ひと美さんの天使衣装姿』
  1枚は『全員揃ってアフレコ練習』
で最後の1枚……実はその写真は後日、写っていた声優さんのファンの御方と交換しまして、
  最後の1枚は『壱智村小真さんのキューピッド衣装姿』
になりました!!!
交換してくれた某御方、ありがとうございました!!!



そして最後に、当ブログで行いました『壱智村小真さんへスタンド花を贈ろう!』企画についての報告です。

スタンド花

私が夜の部終了後に携帯電話で撮ってきた為、暗い・ピンボケ・手振れ・自分の指が写ってる、と酷い感じの写真ですが、御覧のように無事、壱智村小真さん宛に『スタンド花』を贈ることが出来ました!!!

この企画を紹介して下さった、ニュースサイト『FiRSTRoN』『FiNALIoN』のFaxiaさん。
ツイッターにて、この企画の拡散協力の為にRTしてくれた多くの方々。
協力して頂いた全ての方々に感謝いたします。
本当に、ありがとうございました!!!



そして、再びこのような、朗読有り・フリートーク有り・歌有りの、素晴らしいイベントに、大好きな壱智村小真さんが出演することを願いつつ。
おまちゃんが夜の部で歌ったキューピッドのソロソングが、民安さんの黒ネコのソロソングと共にCD化されることを(物販で購入したパンフレットには、この2曲はCD収録には間に合わなかったけど、後のためにスタジオでの歌収録そのものは行ってある旨が記載されていました)祈りつつ。
この文章は、ここでお終い。
長文お付き合い頂き、誠にありがとうございました。
posted by 淵明 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41456679
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック