ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2009年09月26日

『恋文ロマンチカ』プレイ中

このまま、1週間以上放置もアレなので。
先週の淵明さんの行動録。

 7時:起床
  ↓
 8時:業務開始
  ↓
20時:帰宅
  ↓
21時:『恋文ロマンチカ』開始
  ↓
3時過ぎ:プレイ中、眠気でベッドに倒れる
  ↓
7時:起床(以下、本日までループ)

倒れる時間が日に日に早くなってきています。昨夜は1時過ぎに記憶が無くなりました。

そんな強行プレイを行っているにもかかわらず、未だに1周目も終わらない『恋文ロマンチカ』。何故なら、私は全てのキャラの音声を、スキップを全く行わずにプレイするスタイルだから。
お陰で、どんなゲームもクリアに時間がかかる事かかる事。

ゲームの進行状況としましては、現在は2年目の夏です。
いや〜、来香さんが、とても可愛いですね・・・。

恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

・・・うん?何かおかしい所など・・・ありませんよ?
決して、「最初はお嬢さんのルートに行くつもりだったのが、途中で転んで来香さんに変わった」とか、まさかそんな事は・・・あるわけが・・・あるんですけどね、なにか問題でも?!(開き直り)

現状、プレイした感じでは・・・。
ゲームシステムは、『Sugar+Spice』のマップ選択方式、『Sugar+Spice Party☆Party』で追加されたアイテム要素、と2作品にわたって磨いてきたシステムだけあって、順当な進化系のシステムになっていますね。分かりやすくて、プレイしやすいです。
あと、ゲーム進行には直接関係無いながらも、自分で手書きする恋文は、結構楽しいですね。どんな文章を書こうかあれこれ考えて、マウスで綺麗に清書していくのは、心躍るものがあります。
欲を言えば序盤の日常に、もう少しヒロインと親密になるエピソードがあったら良かったのかなぁ、と思いますが。

そんな訳で、当ブログは、せめて1周目をクリアするまでは、引き続き縮小経営中です。あしからず。
それでは〜。
posted by 淵明 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年09月20日

みるさん、来るよ!メカラジにも来るよ!

先程の記事を書き終えて、通常の巡回を行っていた所・・・。
架空の大正時代に出かける前に、また用事が出来てしまいました。


『メカ・ラジ〜須藤さんちのばあい〜』番組サイトより引用
> 9月25日と10月2日配信回にはゲストに珊瑚役の声優【みる】さんが遊びに来てくれますよ!
> 【みる】さん宛のメールは、9月24日 まで!!


やった!みるさんの声が、またまた聴けますよ!
そして、メールは今日を含めて、あと4日!
4日か・・・日数的に辛いなぁ。


このラジオ放送の販促対象である『メカミミ』は全然興味の無いタイトルですが、好きな声優さんが多数出演しているので、ラジオはチェックしていたのです。
こちらも数回分の放送を聴き溜めていたので、まずは過去放送を聴く所から始めないと。
そして、明日、父親の名代で法事に出席する用事があるから、坊主のお経の最中にでも、ネタを考えるかなぁ。お経の最中、暇だし。


そんな罰当たりな私です。
今度こそ、数日間さようなら。
posted by 淵明 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年09月19日

『ぎん太が袴でサイン会』行ってきました♪

祝!『恋文ロマンチカ』発売!

そして、以下は査収物〜。

恋ロマ発売

桔梗さんがいっぱいですよ〜♪何と言う、素晴らしい眺め。
ちなみに、サインの左上は私の本名が入っていますので、画像を切り取ってあります。サインは実名で貰う主義なので(笑)。


はい。と言う訳でご覧の通り、秋葉原で行われた『ぎん太が袴でサイン会』行って来ました〜!
行っては来たのですが、実はかなり厳しい所だったのです。本当に、仕事が忙しいんですよ・・・。平日のサイン会は、辛い・・・。
仕事を1日休めれば良いんですけど、そうもいかず。
とは言え、サイン色紙が桔梗さんの絵なので、是非行きたい!行きますよ!
そんな訳で、朝9時過ぎから、仕事の契約関係で行かなくてはならない場所があったので、それが済んでから出発〜。


そして、12時30分頃に秋葉原に到着。
まずは、ラオックスアソビットにて『恋文ロマンチカ』を購入〜♪
やっぱり、ショップ特典の中では、この絵が一番良いなぁ。
当然、『恋ロマ歌謡全集 -ソラノネ-』も購入。


で、少しあちこち見て回って、気になるメーカーのチラシをいくつか入手。サイン会までのちょっとの時間を潰します。
サイン会の整理券配布は13時30分からですが、時間が13時を回った所で、とりあえずサイン会場付近の様子を1回確認しておこうと思い、会場に向けて歩き出しました。
「時間前に集まらない様にして下さい」とチュアブルのサイトには書いてありましたが、他の原画家さんのサイン会の様子をネットのレポートとかで見ていると、人が集まりすぎて時間を前倒しして始まったりとか、最悪中止になったりする事もあるので、とりあえず現場の様子見に。
行ってみて、人数がそれ程集まっていない様なら、そのまま道を歩いて通り過ぎて、時間通りの13時30分に来れば良し。かなりの人数が集まって、既にキチンと列形成している様なら、それに並べば良し。
なんにせよ、現場の様子を確認しない事には対策の立て様がありませんので。


すぐに、会場の前の道に到着。
キチンと列形成をしている模様。
会場前から始まって、列の最後尾は同人ショップのホワイトキャンバスの前付近まで延びています。人数的には、150人をちょっと切ったくらい?規定の人数は400人なので、まだまだ大丈夫な人数ですね。
でも、これほどキチンと列が形成されているなら、これはやっぱり並びましょう。13時06分、列の最後尾に付きました。
そして、列に付いてすぐに、以前イベントで見た事のあるチュアブルソフトのイシダさんがアナウンスしながら列を回ってきました。
曰く、「人が結構集まったので、少し早いですが整理券の配布を開始します」との事。
うん、まあ、タイミングピッタリだった。


と言っても、なかなか列は動きません。
暇なので、脇にあるホワイトキャンパスの店頭で流れている『東方星蓮船』のデモを、ずっと見ていました。うん、このデモはHardかLunaticか知らないけど、悪魔の難易度にも程がある・・・。


そんな訳で、少しずつ少しずつ動いて、やっとサイン会が行われる建物の前に到着。列移動、次の次くらいで建物内に入れそう。
ここでイシダさんが、「第1部の整理券はまだ十分にあるんですが、会場がいっぱいになったので、これ以降の人は14時30分くらいまで辺りで時間を潰して来て下さい」との事。
まあ、最悪「サイン会に参加出来ない」、次の悪い事態として「第2部の参加になる」を想定していたので、多少後半になろうとも第1部のサイン会に参加出来るだけでも御の字です。


その直後、道を歩いてくる袴姿の女性が。
イシダさんが「ちょっとした晒し者みたいですね」とか言っていますよ。
あの姿、おお、あの人が原画家のぎん太さん。とても小柄で、可愛らしい感じの女性でしたよ〜。袴姿も似合ってます。まるで、大学の卒業式みたいだ(笑)。


で、館内突入。そして整理券ゲット!
ちなみにスタッフさん2人で整理券配布の対応をしていまして、整理券を受け取った人にはユーザー葉書にスタッフさんが猫の手型スタンプを押してくれます。
私の受け取った整理券は『113』。
ちなみに、机の上にあった整理券は、第1部:114番、第2部:11番。当たり前ですが、第2部を貰って行っている人が少ないですね。

恋ロマイベント

これが、整理券。
ちなみに、外に出てみると、最初の半分くらいの人数しか列に並んでいません。つまり、200人ちょい超えくらいの人が整理券を貰いに来ている様です。
結構、参加人数少なめなのかな?
あんまり他の原画家さんのサイン会に参加した事がないので、解りませんが。私が過去、サイン会でサイン貰った原画家さんは、笛さんだけですので。
まあ、サイトで『400人』と告知された時から、「これだけ参加人数多ければ、きっと大丈夫だろう」と予想してはいたのですが。


で、時間を潰します。
事前にチェックしていた、最近委託が始まったばかりの『東方』と『なのは』の同人誌を1冊ずつ、・・・予定していなかった東方の同人誌を2冊(苦笑)、購入。
そう言えば、8月22日に秋葉原行った時にはいつも通りのフロア配置だった、とらのあな秋葉原店のフロア配置。今まで大雑把なジャンルでフロア毎に分けていた同人誌が、ジャンル以前に『全年齢』と『成人向け』でフロア配置されていましたよ。4階が全年齢向け同人誌。5階と6階が18歳未満立ち入り禁止のフロア。
やっぱり、最近同人関係もレーティングの徹底について色々厳しいので、こういうフロア配置にしたんですかね?
まあ、個人的には購入する同人誌の95%以上は『全年齢向け』なので、『東方』も『なのは』も同じフロアでいっぺんに買えて、とても楽でした。


あと、年末の期待作『シュガーコートフリークス』をソフマップで予約。事前予約特典の、ミニカレンダーをゲット。
・・・ああ、もう12月発売のソフトの予約開始ですか・・・もう、今年が終わる時期の話がそこまで来ているのか・・・。
あと、売り場で『シュガーコートフリークス』のオープニングアニメが流れていました。これは、良く作ってあるな〜。普通に、アニメのオープニングみたいだよ。


そして、14時40分頃。サイン会場にリターン。
私の服装が営業用のスラックスだったから床に座るのは躊躇われましたが、そんな長時間座らずに居られるはずもなく。3分くらいで諦めて床に座りました(苦笑)。
それからは、チュアブルソフト&シルバーシーツスタジオのスタッフさんが延々トークをする中、延々順番が回ってくるのを待つ時間。
途中、ABHAR&ういんどみるの営業の人が一緒にやってきて、宣伝をしていったり。その御二人、自社の事以外にも、成瀬さん&新堂さんがMCを務める18禁ゲームの同人音楽系(なのかな?)オールナイトのイベントにも関わっている様で、そちらの告知もしていきました。いろんな事、やってるんですね〜。
その他にも、Silksoftのシナリオライターさんが、同日発売の自社ソフト『Distance』の宣伝をしたりとか。何故シナリオライターさんがサイン会場に居るかというと、『恋文ロマンチカ』のシナリオ補助で入っているそうで、その縁でサイン会のお手伝いスタッフさんとして来ていたそうです。ブランド立ち上げ1作目なので、とにかくプレイして欲しいとの事。中古でも良いのでプレイして下さい!、という頼み込みに、頑張ってるなぁと思うものの、こちらも財政事情があるので、無い袖は振れません。残念。


そんなこんなで、待つ事約1時間。
15時30分過ぎに、ようやくサインをゲットしました〜!
ちなみに、自分が会場を後にする際に、まだ配布中の整理券が目に入ったのですが、まだ第2部の整理券が30番台でした。つまり、15時30分の時点で、まだ160人以上の余裕があった訳ですね。


これで、秋葉原での全ミッション終了。
速やかに帰ります。帰って仕事が有るからです。
とにかく、この桔梗さんイラストのサイン色紙は是非とも手に入れたかったので、入手出来てホント良かったです。
やっぱり、黒髪ストレートヘアの女性が、世界で一番素晴らしいですね!
さて、それでは今年期待の3作品の1つである『恋文ロマンチカ』、じっくりプレイしますか〜。


余談。
会社に18時30分頃帰ると、こういう日に限ってあちこちから電話が来ている惨状。
連休中にやる仕事が、図面と現場調査以外に、別件の調査結果のまとめ&計画書作成、以上の2つが更に増えましたとさ。ちくしょう。
『恋文ロマンチカ』、時間を作って、ちょっとはプレイ出来ると良いなぁ。
・・・って言うか、私はこんな超長文書いてないで、さっさとプレイすれば良いのではないですか?
と言う訳で、架空の大正時代に出かける用事が出来たので、数日間このブログは更新されません。
某ラジオ宛のメールも4通ほど送ったし、心残りは無い。後は、日常の巡回と各所の人気投票へ支援だけでOK。
それでは、みなさん、数日間さようなら。


9月26日追記
こちらの『アキバOS』さんの記事にて、サイン会の様子が写真入りで紹介されているので、リンクしておきますね〜。
posted by 淵明 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年09月17日

ほめらじ、みるさん、再来!

『ほめられてのびるらじおPP』、みるさん来るよ!また、来るよ!

是非、五行さんとの『ほめらじ最多ゲスト回数競争』に、みるさん勝利して頂きたい!
現在の所は・・・

 みるさん
   本放送:8回
   CD版:1回

 五行なずなさん
   本放送:9回
   CD版:2回

となっております(ブースの外で待機しているとかは含まない(笑))。


そして、実はここ数週間、ほめらじ聴いてなかったから、みるさん来るなら聴かないと。
それで、少しでも送ろう、メールを。

・・・でも、今忙しいんだよなぁ。
連休?なにそれ?
来週は水曜くらいまでに、図面を1枚書き上げないと。
まだ、全く手をつけてない図面をな!
・・・図面書きながらラジオ聴くか・・・。

色々『ほめらじ』の近況を調べてみると・・・あれ?『百人一首』、第100回までもう到達したの?
だって、第100回までバックナンバーのCD化、まだしてないでしょ?この間のコミケの最新版で90回台にやっと到達したんだっけ?
・・・この企画、ツール使ってバックアップしてる人以外の、いわゆる普通のリスナー層に厳しくない?
まあ、投稿してる層が普通のリスナー層とどのくらい被るのかは、色々疑問ですが(苦笑)。


話は逸れましたが「みるさんゲストに期待!」って事で、おしまい。


※18日1:20分頃にほめらじ最新回まで聴き終えて追記


ふむ、五行さん&みるさん、人気投票で4位・5位と低迷(不思議獣未満)しているヒロイン2人がゲストなんですね・・・人気テコ入れ(超失礼)?
私は、開始日から毎日『アンジェ』に入れてるんですけどね・・・不思議獣より遥か下の順位とは・・・。


ああ、そう言えば数日前に『とらのあな』と『メロンブックス』でいつもの如く東方二次創作同人のチェックをしていた所、見つけました。

『アニマート劇上Vol.1』
  とら通販
  めろん通販

ドラマCDのデータ販売が行われているのは以前Faxiaさんの所で見たのですが、「データよりもやっぱりCDで手に入れたい」というC76に行けなかった みるさんファンの人は、購入を検討するのも吝かでは無いかと。


『ぽっちっと!レスポンス!』
最新のお題は「もっと、もっと」との事。


『新エンディング曲』
おお、『SUGURI』の曲みたいだなぁ・・・カッコイイ。両方とも『空』を意識した曲だから似てるのかなぁ。
そして、比較の対象が解り辛い感想で申し訳ないですね〜。『SUGURI』、面白いゲームなんですよ〜。


『風音・秀樹、ほめられますっ!』
この新コーナーは、終わったコーナー『ガンチンコベンチマーク』との違いがだんだん無くなってきてる様な気がする・・・。
結局、対戦して罰ゲーム受けてるんじゃないですか(笑)。


そして、『ぱれっと』にてオフィシャル通販にCD特別版が付く事が告知されましたね。
このタイミングでゲストに来るって事は、みるさんor五行さんがCD特別版のゲストの可能性があるか?
でも、最近は本放送に出てない声優さんが来る事が多いからなぁ。
アグミオンor松田さんの可能性の方が高いかな?


そんな訳で、とりあえず簡単なメールを2通送りましたよ〜。
もう2〜3通分くらいは、ネタを考えよう。
posted by 淵明 at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年08月31日

2009年7〜9月の個人的エロゲ戦線

期日通りにゲームが完成しないクリエイターに、面白いゲームが作れる訳が無い。
言葉を換えて言うと、『いつまでに』完成するかの工程表も作れない連中に、『どうすれば』面白いゲームが完成するかの設計図を描ける訳が無い。
たまに例外は存在するが、大概は、この判断で間違いない。

1回目の延期は、どんな人にでも不測の事態(怪我・病気・機材トラブル)が有り得るので、私は気にしません。
2回目の延期は、クリエイターの能力不足を表すので、あまり馴染みのないクリエイターや開発陣の場合、私は購入を止めます。
3回目の延期は、誰が作って、どんな事情があろうとも、出来上がるゲームそのものには何も期待しません。

以上が、私のゲームに対する接し方。


そんな前置きに続いて、最近の個人的注目エロゲ情報など。
まずは7月戦線。
1年以上の延期を経て発売された『Tiara』を購入しました〜。
・・・「冒頭の口上の全否定じゃないか?」との声が聞こえます。でも、違いますよ。これは『webラジオ代金』として購入したのであって、ゲーム内容は別にどうでも良いのですよ。時間が出来たら、いつの日かインストール出来ると良いですね『Tiara』。

他の購入検討作品としては・・・。
『77 And,two stars meet again』は、体験版もプレイして、かなり迷いました。でも、C76前なので、お金の保護の意味から泣く泣く見送り。それ以外にも、ヒロインが多すぎてゲーム終盤部分に不安を感じたのも、原因の一つかもしれませんが。
『ナツユメナギサ』は、何となくシリアスが強そうだったから回避。最近、シリアス系の作品は微妙に合わないんですよね〜。もう私も年ですから、あまり真面目なのは疲れるんですよ(笑)。あと、事前に一番気に入ったヒロインの『遠野はるか』の扱いが、ヒロインの中で一番軽く見えたから。


そして、8月戦線。
無し!
って言うか、忘れてた!
一昨昨日が『メモリア』等の8月の激戦区だったんですね。気にも留まらなかった。何故なら『東方三月精』とか『東方幻想画報』とかの通販タイミングを見計らうのに忙しくてね〜。

一応、『メモリア』と『@HoneyComing RoyalSweet』と『&LOVE』を購入候補に考えていたのですけれども・・・。
『メモリア』は、話がシリアスそうなので、ちょっと意欲が湧かず。
『@HoneyComing RoyalSweet』は、未央は可愛いけど、お金出してまでファンディスクを買うほどの作品ではないかな。
『&LOVE』は、今ひとつ突き抜けた部分が無くて、購入見送り。
と言うか、コミケで東方同人に使ったお金を考えると、よっぽどの作品でないと買う気は起きないよね・・・金欠。


9月戦線。
遂に、個人的今年期待の3作品(カンパネ・恋ロマ・しろくま)の2作目、『恋文ロマンチカ』が来ます!
いま、絶賛ネタバレ回避中。『恋文ロマンチカ』のサイトも見ず、体験版も持ってるだけでプレイせず、雑誌のページも『恋文ロマンチカ』の部分は開きません。
私、大期待作は体験版等の事前情報は全遮断して、完成品のゲームとして一貫して楽しみたいのですよ。断片的な事前情報は、ゲーム本編を楽しむ際に、事前情報から推察する自分なりのゲーム内容の妄想と言う多量のノイズを発生させるので不要です。
購入は、アソビットのテレカ絵が一番好きなので、ここで購入決定。
あとは『恋文ロマンチカ歌謡全集-ソラノネ-』の特別版を、同時購入。

同月の他の候補としては、『ANGEL NAVIGATE』と『夏いろペンギン』と『Nega0』と『SignalHeart』って数が多いわ!
この中で一番の有力作は『ANGEL NAVIGATE』かな。独自のゲーム性があってなんか面白そう。ヒロインも良い感じだし。体験版をやって判断しよう。
次候補は『Nega0』。しかしながら『天空のユミナ』をクリアしていない現状で、これを買う気には・・・。
そして、『夏いろペンギン』と『SignalHeart』は他作品に比べると今ひとつかな。やっぱり、エロゲにも独自のゲーム性が欲しいですから。他の人の体験版の評価待ちかな(自分でプレイする時間が勿体ないから、他の人の評判良ければ自分でもプレイする)。


以上、こんな所かな。
とりあえず、東方界隈がでかくなりすぎて、そちらに資金を注ぎ込み過ぎている為に、エロゲに回せるお金はあんまり無いなぁ。
今年は購入するソフトの総計を10本くらいに抑えたい所ですね〜。
おしまい。
posted by 淵明 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年08月30日

うさんくさいTシャツが来ましたよ〜

で、仕事から帰ってきたら来ていました。

うさんくさいTシャツ

『天神乱漫!オーラの滝!〜まいなすイオンがでてますよ〜』の番組Tシャツ♪
みるさん&ゆいさんのサイン入りのTシャツという、声優ファンの心理を衝いた素晴らしいTシャツですね〜。
・・・他番組みたいに、天神乱漫キャラのTシャツなら絶対買わなかったのに、なかなか私の弱いポイントを衝いてくるゆずソフト、恐ろしい子!


折角なので、『みる&やも 虹ノ瀬放送局』で頂いた、みるさん&倉たろうのサインと並べてみたよ〜。

Wみる

みるさんのサイン×2で2倍の素晴らしさ。
それにしても、みるさんのサインは読みやすくて良いなぁ。誰がどう見ても、『みる』って読めるよ!


そんな訳で、浮かれたファン根性丸出しで終わります。
posted by 淵明 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年07月08日

『天神乱漫! オーラの滝!』最終回!

ラジオCDが出ます!
夏コミでラジオCDが出ます!
大事な事なので二度言いました。

そんな訳で、7月7日で最終回となってしまったwebラジオ『天神乱漫! オーラの滝! 〜まいなすイオンがでてますよ〜』が、CDになるそうです。
CD特別版もあるそうで、ゲストは成瀬未亜さん&遠野そよぎさん。
どちらも愉快な人なので、おもしろラジオが期待できそうです(笑)。

全体的にラジオを振り返ると、初回こそ微妙な雰囲気でしたが、あっという間に馴染んで、面白いラジオになりましたね。
  みるさんが、わたわたと慌てまくる。
  ゆいさんが、それをどこまでも拾って突っ込む。
うん、それぞれの個性に合わせた見事な役割分担(笑)。
みるさんの、グダグダ&わたわたっぷりが可愛くて、ホント毎回楽しかったです♪

それにしても、最終回のみるさんのネタ殺しっぷりが素晴らしかったです(笑)。
いや〜、美味しすぎますね!
流石、みるさん!大好きだ!

そして、ゆずソフトさんには次回作でも『みる&ゆい』のボケ&突っ込みコンビでwebラジオを企画する事を、切に希望します。
『みる&ゆい』のwebラジオをやってくれたら、ゲームを絶対買いますよ!ラジオ税として(笑)。
それでは、ゆずソフトさんの次回作に期待しています!(主にwebラジオ的な意味で)

そんな訳で、今年も例年通りに東方関係を回った後、午後から企業ですね。
ラジオCDを購入予定に追加しなくては。
午後なら、待たずに買えるか、買えないかだから分かり易くて良いですよね。ラジオCDなら、買えなくても後からいくらでも入手出来るし。

さて、それではこれにておしまい。
・・・積んである『天神乱漫!』は、いつになったら出来るかなぁ・・・。
・・・って言うか、前作の『夏空カナタ』も積(スキマ送り)
posted by 淵明 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年06月21日

『恋文ロマンチカ』ショップ特典CDまとめ

はい、自分用のメモですよ〜。

シュガスパの時も、5つのショップで5人のヒロインのミニドラマCDが特典でついたチュアブルソフトさんですが、今回の『恋文ロマンチカ』でも同様の特典が付く様です。
現状での調査結果。

ソフマップ
  描き下ろしテレホンカード
  録り下ろしドラマCD
テレカ・CD共にキャラ不明。
最大手のソフマップだけに、看板メインヒロインである桔梗の可能性が高い?もしくは、アソビットが桔梗の場合、ジニーという線もあるか?

メッセサンオー
  描き下ろしオリジナルテレカ
  録り下ろしドラマCD
テレカ・CD共にキャラ不明。
メッセはロリキャラの特典が多めなので、見た目がロリの来香が来る可能性が高い?

アソビットシティ
  描き下ろし「秋月桔梗花嫁(色打掛)」テレカ
  新規録音ドラマCD
テレカは桔梗の花嫁姿。普通に考えれば、CDも桔梗か?
ただ、前回のシュガスパの時も、テレカとCDが同一のキャラでない店舗もあった為、確定とは言い難い。

げっちゅ屋
  描き下ろしテレカ(宵之道 吟情)
  ドラマCD
テレカは吟情先生に決定。とすればCDも吟情先生となるか?
ただ、上記の通り確定とは言い難い。

GOODWILL
  『描き下ろし』テレカ
  『録り下ろし』ドラマCD
テレカ・CD共にキャラ不明。

以上。
さて、個人的には桔梗のドラマCDが付く店舗で買いたいと思うのだけれども・・・どの店舗がどうなるか。
まあ、9月発売の作品なので、とりあえず推移を見守る感じで。
おしまい。
posted by 淵明 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年06月06日

いつの時代も裏工作が大事

いや、あれですね。
最近話題の、『イギリス議会』発のあれこれ。
いろいろ、大変ですよね。


私が『イギリス議会』って単語を聞いて、真っ先に思い浮かべるエピソードは、1840年4月に行われたある予算に関する決議です。
対清国の戦費に対する議会決議。
つまり、『阿片戦争』を行う為の予算決議です。

「・・・その原因がかくも不正な戦争、かくも永続的に不名誉となる戦争を、私はかつて知らないし、読んだことさえない。・・・」
(平凡社発行 陳舜臣著 『中国の歴史 第十三巻 斜陽と黎明』 95ページより抜粋)
これは、戦争予算に反対したグランドストン議員の反対演説の一節です。

麻薬の密貿易の為に、国家が予算を組んで戦争を起こす。

そもそも、清国の欽差大臣・林則徐が徹底した『アヘンの密売禁止』は、当たり前と言えば当たり前過ぎる事でした。だって、麻薬として禁止されているものを取り締まるっていうだけなんですから。
あまつさえ、林則徐は没収したアヘン1箱につき、茶葉5斤(約3kg)を与えています。没収した麻薬の代金として茶葉を支払っているのです。普通に考えたら、イギリスの麻薬商人がどう考えても悪いのです。

そして、麻薬貿易が出来ないならとイギリスの全ての商人が清国から出て行った後も、アメリカ商人などはアヘンの密貿易をせず、清国内で正当な貿易を続けていました。
イギリス商人はアメリカ商人にも自分たちに付き合って貿易をボイコットするよう頼みましたが、そんな馬鹿な話をアメリカ商人は聞き入れませんでした。むしろ、イギリス商人が居ない状態でアメリカ商人は市場の独占状態だったのです。
そして、イギリス商人の中にもアヘン貿易などせずに普通の貿易をしたかった人も沢山居たのです。
しかし、アヘン商人の意を受けた政府の命令を無視してアヘン以外の普通の貿易をしようとするイギリス商人は、なんとイギリス軍の軍艦に捕まって中国の港に入港できなかったりしていたのです。

麻薬を扱っている自国の商人の為、そしてそのアヘン商人達が議員や政府に献金やロビー活動を行っているとはいえ、戦争反対の英国議員は沢山いました。

しかし、予算は、
  賛成 271票
  反対 262票
わずか、9票差。
たった5人の議員が反対票に回れば戦争予算は議会で可決されず、阿片戦争は起こらなかったのです。
まさに、歴史の分岐点。

阿片戦争がなければ、今の中国どころか日本がどうなっていたかも分かりません。
阿片戦争で清国がイギリスに負けた事は、日本国内に危機感を生み、それが明治維新への原動力の一つになっている訳ですから。


まあ、ここから思う事は、政治家に対する献金やロビー活動は大事だなぁ、と言う事。
見た感じ、衆議院選挙も近い所為か、『国際的な基準から』とかを名目に、叩きやすい所を叩いているなぁ、と。
税金・議員定数・外交政策、ここら辺でにわかに人気取りを始めると、そろそろ国政選挙も近いなぁって感じになりますね(苦笑)。

個人的には、エロ産業っていう陰にいるべきものが最近はあまりにも表に露出しすぎなので、少し冷静に業界の立ち位置を見直すには良い機会だとも思います。
例えば、エロビデオやエロ漫画は、テレビアニメとかにならないじゃないですか。エロゲは、ちょっと世間の目につき過ぎな感がありますよね。
表に出すぎて不要な注目を集めると、いつぞや起きた事の様にろくな事になりませんよ。
今から何年も前、野球の球団持つ為に『ソフトバンク』はあっという間に手のひら返して、数多くのエロゲ原画集とかが絶版になりました(『はじめてのおるすばん』の目覚ましとか販売してたんだぜ、あの会社(笑))。
『角川』がコンプとかあそこら辺で、メディアミックスって名目で協力している様に見えるけど、アレだっていざとなったら絶対手のひら返すから。
ホントは、ここら辺の出版や音楽の業界が、政治家や官僚への働きかけを手伝ってくれると良いんですけどね・・・。まあ、手伝ってるのか、いないのか、私は知りませんが。


正義や理想だけで歴史が動く事は滅多にない、という感じ。
おしまい。
posted by 淵明 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年05月31日

『恋文ロマンチカ』の花言葉

先日公開された『恋文ロマンチカ』の新キャラ『駒子』が個人的にツボ過ぎる。
『守ってあげたくなる妹系』とか、ホントど真ん中ストライクです。
是非攻略キャラにして頂きたい、いや、するべきだと思うが、キャラ紹介を読む限りどう考えてもサブキャラです!残念!
そして、猫又・神様に続いて、どう見ても人外で雪女です。
一体どんなシナリオになるんだ?『恋文ロマンチカ』は?

そんな公開された新キャラがツボだった勢いに乗って、遥か前の『PD対談』で淵明から振ったネタに答えて頂いた内容について、調査&まとめてみました。
そのうち調べてまとめようとずっと思っていたら、数ヶ月経ってしまいましたよ(苦笑)。

まず、私が家紋だと思っていたものは、各キャラクターの『イメージフラワー』との事です。
チュアブルソフトのイシダさんの
> 花言葉を調べてみたりすると面白いかもよ!
に応える形で、花言葉を調べてみました。
ちなみに花言葉は、『FFJ誕生花』さんのサイトで調査させて頂きました。
ありがとうございました。


秋月 桔梗
恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

花のモチーフ:【キキョウ】
【キキョウ】の花言葉:やさしい愛情 誠実 変わらぬ愛 従順

作品の看板のメインヒロインらしいキーワードが満載の花言葉ですね。
メインヒロイン5人の中では、個人的に桔梗が一番お気に入りなので、やさしい愛情・誠実など良い感じのシナリオになりそうな言葉が満載で期待大です。


ヴァージニア・O・パルトロー
恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

花のモチーフ:【ラッパスイセン】
【ラッパスイセン】の花言葉:あなたを待つ 報われぬ恋 尊敬

英国領事のご令嬢、ジニー。
花言葉の内容も、身分違いの恋の行く先を暗示するような言葉が並んでいますね。
ちなみに、モチーフの【ラッパスイセン】はウィキペディアによると、連合王国である英国を構成する王国の一つ、ウェールズの国花でもあるそうです。
ここら辺もキャラ設定とリンクしていて、なかなか芸が細かいですね。


閑鳥 みつ
恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

花のモチーフ:【ヒナギク】
【ヒナギク】の花言葉:純潔 お人よし 無邪気 明朗

熊本から主人公を追って上京してきた田舎の少女、閑鳥みつ。
花言葉は、お人好し・無邪気等、ものすごくストレートで分かり易い言葉が満載ですね(笑)。


仁見 来香
恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

花のモチーフ:【スズラン】
【スズラン】の花言葉:幸福 純潔 純愛 清らかな愛 繊細

来香の花言葉は、上記3キャラの分かり易いキーワードから一転して、一気に抽象的な言葉ばかりになりましたね。
いくつかのサイトを確認した所、スズランの花言葉で一番最初に出てくるのは『幸福』が多いようなので、これが一番重要なキーワードなんでしょうか?
ちょっと抽象的すぎて、どんなシナリオになるのか推測するのは困難ですね。


宵之道 吟情
恋文ロマンチカ バナー 180px×180px

花のモチーフ:【ナデシコ】
【ナデシコ】の花言葉:思慕 純愛 無邪気 純粋な愛

花言葉の内容と、パッと見のキャラとのギャップが、一番大きく感じる吟情先生。
年上&文筆の師匠である吟情先生ですが、思慕・純愛・無邪気等、とっても女の子らしいキーワード満載です。
これは、どんなシナリオになるのか楽しみですね。


メインヒロイン5人全員の花言葉の調査&まとめ、でした。
個人的には、
 桔梗・ジニー・みつの3人の花言葉は、とてもストレートな印象
 来香・先生の2人の花言葉は、ど真ん中を少し外した変化球気味な印象
ですね。

とにかく、『恋文ロマンチカ』は今年発売のエロゲの中で、期待の作品トップ3の1つなので、今から待ちきれなくて仕方ありません。
早く発売して欲しい!スタッフさん、開発頑張れ!

また何かネタが出来たら『恋文ロマンチカ』関係の記事を書く所存。
そんな訳で、この辺で。
posted by 淵明 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年05月28日

5月28日のエロゲ関係雑記

その1(みるさん週間)
3月の凄さに比べるべくも無いですが、再度みるさんの声がラジオでいっぱい聴けそうですよ♪

 6月 9日:天神乱漫! オーラの滝! 〜まいなすイオンがでてますよ〜(第12回)
 6月11日:ほめられてのびるらじおPP(第117回)
 6月18日:ほめられてのびるらじおPP(第118回)
 6月23日:天神乱漫! オーラの滝! 〜まいなすイオンがでてますよ〜(第13回)

2週間の内の4日も、みるさんの声が聴ける訳です。これは素晴らしい。
数週間ぶりにほめらじ聴いたら、ほめらじ百人一首の第10回・第24回(みるさんゲスト回)が決定していないとの事なので、頑張って送ってみよう。
さて、携帯プレイヤーに第10回と第24回を入れて、営業しながら車中で聴いて、ネタを練らねば。

話は脇にずれますが、『ほめらじグッツ開発部-eSe研究室-』さんのこちらの記事を読むまで全然考えた事無かったけど、そう言えばPPのソフトはメーカー通販でラジオCDを付けるという、エグイやり口ファンサービス満載な販売の仕方でしたね〜。
ラジオ特別版は、桜川未央さんゲストのさくらッセ特別版の時しか通販で買った事なかったからなぁ。特別版の存在を忘れてたよ。

そう言えば、ネットから離れていた先週に『ましろ色シンフォニー』の声優もメイン出揃って、そちらにも『アンジェ』役でみるさんが決定したとの事で。
今の所、『メモリア』も『ましろ色シンフォニー』も購入判断保留ですからね〜。
そもそも『メモリア』はどんなゲームなのか公開されている体験版やらないと。購入するかしないかの判断も出来ないなぁ。その為の時間が欲しい。
・・・でもきっと、みるさんがラジオ特別版のゲストなら買ってしまうと思うよ(笑)。
『天神乱漫!』も通販特典のラジオ特別版が、購入の最後の決め手になったからなぁ(笑)。


その2(購入スケジュール)
5月・6月の、エロゲの購入判断。
記載してないものは、そもそも検討すらしてません。

5月29日
購入予定:天神乱漫 LUCKY or UNLUCKY!?
見送り:タユタマ -It's happy days-

6月26日
購入予定:Primary Magical★Trouble★Scramble
検討中:鬼うた。
見送り:りんかねーしょん☆新撰組っ!
見送り:痕

基本的に、よっぽどの期待作でも被らない限り、月に1本以内に抑えたい。・・・でも、押さえられないんだろうなぁ(苦笑)。
今年は本当にお金がきつい&お金使うなら東方同人の方がエロゲより魅力的、以上の2点からエロゲ出費はホントに抑えないと。

5月・6月で問題なのは『鬼うた。』。絵と歌曲と声優陣は素晴らしいから、後は体験版やらないと判断出来なさそう。時間を見つけて体験版やらないと。

そして、見送った作品の一言メモ。
『タユタマFD』は、そもそも本編も『ゆみなルート』しかクリアしてないしなぁ。本編の『ゆみなルート』だけで満足したから、FDは蛇足だと思うんだ。
『りんかねーしょん☆新撰組っ!』は、他にソフトが出なければ購入も吝かでは無かったんだけど。被ったから無理。
『痕』は、大学生の頃に2年程エロゲから離れた私を、再度戻ってこさせた因縁深い(苦笑)超名作なのですが・・・声は要らないなぁ。やっぱり、思い出の中だけで名作でいた方が良いと思うんだ。あと、初回版にオリジナルの『痕』が付くのは魅力的だが、フィギアが凄く不要。フィギア無くて値段低ければ、もうちょっと迷った。

・・・て言うか、大学生の頃にエロゲやめるとか、普通は逆ですよね(苦笑)。
大学生の頃は、サターンとプレステ全盛で、そっちのゲームの方が遥かに面白かったんですよ。
今は、エロゲよりコンシューマーより、同人ゲームが一番面白い訳ですが(笑)。


その3(2009年1〜4月購入ソフト)
2009年の1〜4月に購入したソフトを羅列してみる。

1月23日
輝光翼戦記 天空のユミナ

1月30日
祝福のカンパネラ

3月27日
星空のメモリア Wish upon a shooting star

4月24日
ツンな彼女デレな彼女
夏色ストレート!

1〜3月までは、ほぼ予定通り。面白そうなのを買った。
問題は4月・・・予定が狂った。本当は1本も買うつもり無かったのに。
『ツンな彼女デレな彼女』はラジオ税(笑)。みるさんメインのラジオやってくれたPeasSoftへの感謝の印として。
『夏色ストレート!』は・・・なんで買ったんですかね(苦笑)。・・・みるさん演じる『有馬かぐや』がツボだったんですよ。久しぶりに、あのトーンのみるさんボイスで、しかも無口気味の小さい後輩キャラってのが、いろいろツボ過ぎて。しかも、メーカー通販で声優さんコメント入りCD-ROMも手に入れました(苦笑)。

とりあえず、『カンパネラ』と『ユミナ』はインストールした。
『カンパネラ』はミネットだけクリアした。
そして、水霧さんの歌のCDを聴きたいから、どうにか時間を作って『ユミナ』をクリアしたい。


その4(応援バナー)
最近のバナーキャンペーンで、良く解らない事があるんですよ。
他の人は、嬉しい人が多いんですかね?でも私は、キャンペーンに参加してエンドロールに載るのって、遠慮願いたいんですよね。
『夏色ストレート!』も、結構初期からバナーキャンペーンに参加しようと思ってたんだけど、エンドロールに載るのが嫌だったから、その期限が過ぎるのを待ってたりしました(笑)。
せめて、参加の有無を聴く項目が有ってもいいと思うのだが、如何。

そして、4月以降に参加したバナーキャンペーンは。

まず、『Primary』。
キャラ設定・絵・声優を総合的に見て、チャイムを一押しで。
人気投票では下から2番目ですが、私は好きなキャラですね。

『夏色ストレート!』は、上でもいろいろ書いていますが。
この『有馬かぐや』が体験版やった限りでは可愛かったから。声は、みるさんだし。

『ナツユメナギサ』も、前作『ハミカミ』に続いてバナーキャンペーンに参加。
『ハミカミ』は他作品とのバッティングもありスルーしたのですが、今作こそ是非購入したいのですが、また激戦区発売ですね(苦笑)。
バナーのキャラは、メインヒロインで唯一ショップ特典絵の無い『遠野はるか』ですよ!・・・テンション下がるわ。ソフト買うにしても、特典無しの安い店舗(ぷらてぃあ等)で絶対買う。

そして、『なつドキ!ハーレム』。
・・・うん、あれだ。当たるかどうかは、運否天賦。でも僅かな確率とは言え、澄白キヨカさんのサインも当たるような事態が起きたら、とても素敵だと思うんだ。
・・・サイン『も』ってなんだ?理由は解る人だけ解れ。


そんな所かな?
それでは、また〜。
posted by 淵明 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年04月30日

ゆずソフトの30日前のネタが懐かしい


ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定

一日遅れの話題になってしまうのですが、昨日の『ゆずソフト』さんの『天神乱漫』発売30日前カウントダウン、酷かったですね(笑)。

昨日、カウントダウンを聴いてから「これ、似た様なのを何処かで聴いたなぁ」と考えていた所、ようやく思い出せました。
数年前の『第2回東方最萌トーナメント』の支援フラッシュで見たんですよ。
ゆききつね』さんの所のフラッシュ作品『ここがあの女のハウス 〜 万年中国飛翔』ですね。
初めて聴いた時は、爆笑したものです。とても懐かしい。

まあ、このフラッシュそのものも『宮崎吐夢』さんという芸能人の『ピアノレッスン』という元ネタがあるらしいですけど。

そんな訳で、思い出せそうで思い出せなかったものが、思い出せてスッキリしました。
おしまい。
posted by 淵明 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年04月29日

エロゲのオルゴール調のBGMの原点?

極南の空へ』さんの『オルゴールという様式』という記事を読んで。

『エロゲ』で『オルゴール』と来たら、絶対『同級生2』の『杉本桜子』だろうと思って記事を読んだら、微塵も触れられてない事に、自分の年を識る(苦笑)。
同級生2の屈指の名シーン【病院から抜け出した桜子と、月光の降り注ぐ森の中で深夜のデート】。そこで渡されるペンダント型オルゴールと言えば、プレイした事のある人なら知らぬ人は居ないでしょう。
・・・と言う事は、プレイした事のない人が増えているのでしょう。
時代は流れている訳です。

これより前は、どうなんでしょうね?
私は初エロゲが『同級生2』だったのでこれより前のエロゲ音楽はわかりませんが。
印象的な小道具としてオルゴールが使われた純愛物なら、これが最初じゃないかな?

ちなみに淵明さんは唯派でした。
というか、私の妹キャラ好きの原点ですね・・・。
今でも「好きなエロゲキャラ5人挙げろ」と言われれば、間違いなく『鳴沢唯』が入ります。
そうそう知ってますか?『唯DOS』とか。
MS-DOSのコマンドメッセージが、唯の口調になるんですよ。「ファイルをコピーしました」が「ファイルをコピーしたよ」とかに変わるんですよ。
もちろん、使ってました(笑)。私のMS-DOS Ver5.0aは鳴沢唯の口調で喋ってました(笑)。
そして私の友人は『桜子DOS』使ってました。彼は桜子派だったので。

よくよく思い出すと、唯と桜子は抱き枕も出てたし、もしかしたら色々と原点なのかもしれないね。

そんな訳でこの文章は、コンベンショナルメモリ640KBをどれだけ多く確保できるかについて、Config.sys&Autoexec.batの内容を友人と議論した事のある人向けに書いてみました。
必要な物はUMBに待避させて、要らぬデバイスは極力外す。それが基本。
そんな年寄りの懐古話でした。おしまい。
posted by 淵明 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年04月19日

風は巡って、7年

りたさんのブログよりの情報。

『Wind -a breath of heart-』が発売7周年、との事。

もう、そんなに経つのか。
それとも、まだ、そんなしか経っていないのか。
オープニングムービーを公開したGEMESPOTのサーバーをパンクさせたり、シナリオ面でいろいろ突っ込まれたりと、話題の作品でしたね。

私も、Windは好きな作品でした。
キャラクター的には、ひなたがダントツ一番に好きでしたね。可愛かった。
次点で、彩ちゃん。

有名なゲームミュージック制作会社『TWOFIVE』が参加するって事でも、話題になりましたね。
この作品の歌や音楽は、今でも好きです。
Ritaさんとしての歌を初めて聴いたのも、この作品でしたね。

折角なので、CDアルバム『Songs』『Songs 2』を出してきて聴いています。
wind
今聴いてみても、良い歌ばかりです。
最近は全然こちらの世界で声が聴けなくなった人も居たり、今でも頑張ってくれてる人も居たり。
そして、現在のminoriはすっかり私の求める方向性とは違うメーカーになってしまったので、全然興味が無くなってしまってたり。
そう考えると、確かに隔世の感はありますね。

過ぎ去った時に思いを馳せつつ、終わる。
posted by 淵明 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年04月14日

『祝福のカンパネらじお』東方関係ネタ集

3月の忙しさが過ぎて、何やら抜け殻状態の淵明です。
やる気出ないわ〜。

そんな訳で、細かい文章考えるのもめんどいので、淵明の雑多メモの中から適当にストックを引っ張り出してきて記事にしてみるよ。

祝福のカンパネらじお

『祝福のカンパネらじお』内の、ネタ満載コーナー『トルティア・インフォメーション』。
ここではいろいろな作品が、パーソナリティの『リトス・トルティア』&『サルサ・トルティア』のセリフの元ネタとして使われていました。
そこで、東方大好きなリスナーである私こと淵明の分かるジャンルって事で、東方関係を元ネタとしたセリフ部分を集めて解説してみようかなぁ、と。
他のネタセリフ集め&解説は、他のジャンルに詳しい人が頑張って下さい(笑)。


第1回〜第3回

 東方関係のネタは無し


第4回

放送時間33:36付近より
 リトス&サルサ:ゆっくりしていってね!!!
淵明の元ネタ解説
もう説明する必要もない程に有名な、東方二次創作ネタ。
と言っても、私自身はあまり掲示板とかに興味のない人なので、伝え聞く事しか知りませんが。
『ゆっくりしていってね』でぐぐると、膨大な数ヒットしますので詳しく知りたい人は調べてみて下さい。・・・ってぐぐってみたらウィキペディアにも項目があるんですね・・・。


第5回
放送時間44:07付近より
 リトス:お届けは、『エルタリアの素敵な巫女さん』リトス・トルティアと。
 サルサ:え?なんで巫女?
淵明の元ネタ解説
このネタは、4月19日にメールにてAIZさんから情報提供して頂きました〜。ありがとうございます。
AIZさんの御指摘の通り、元ネタは霊夢の二つ名『楽園の素敵な巫女』でしょう。
ちなみに『楽園の素敵な巫女』という二つ名は、妖々夢〜花映塚まで使用されていますが、それ以降の風神録や地霊殿では『楽園の巫女』と短めの二つ名になっていますね。


第6回〜第7回

 東方関係のネタは無し


第8回

放送時間28:58付近より
 リトス:心を読む第3の目ですね。
 サルサ:またどっかからネタを持って来て・・・。
淵明の元ネタ解説
東方カンパネ1
東方地霊殿のステージ4ボスにして地霊殿の主『古明地さとり』(能力は『心を読む程度の能力』)。
彼女のテーマ曲名は『少女さとり 〜 3rd eye』。
キャラ絵にも、左胸に第3の目がありますね。

放送時間34:10付近より
 リトス:走尸行肉。「なんの役にも立たないと、動く屍と変わりありません」という意味です。
 サルサ:え?
淵明の元ネタ解説
東方カンパネ2東方カンパネ3
一迅社より発売中の『東方儚月抄』中巻より西行寺幽々子のセリフ。
まあ、『走尸行肉』自体は東方と関係なく存在している四字熟語なのですが、このラジオ放送が2009年1月14日、『東方儚月抄』中巻の発売日が2008年12月9日ととても日付が近く、『走尸行肉』があまりメジャーな四字熟語では無い事から、恐らくこれが元ネタではないかと。


第9回

放送時間27:47付近より
 リトス:姉さんが胸に仕込んであるパッドの事ではありませんよ。
 サルサ:仕込んでないよ〜!
 リトス:よっ、パッド長
淵明の元ネタ解説
紅魔館のメイド長『十六夜咲夜』を、東方のギャグ系二次創作でネタとして扱う時によくある呼び方。
その由来は、神主の絵の『十六夜咲夜』と、別の絵師がキャラ絵を描いた『東方萃夢想』の立ち絵の『十六夜咲夜』とで、胸の大きさに差があった事であると言われています。
そして、いつ頃からか『胸パッド疑惑のメイド長』略して『パッド長』と呼ばれる様になりました。
詳しくは『パッド長』でぐぐるといっぱい出てきますよ。


第10回

 東方関係のネタは無し


第11回

放送時間27:48付近より
 リトス:キャーニナサーン、みたいな。
 サルサ:なんかフィーバーしそうな雰囲気だね・・・。
淵明の元ネタ解説
ニコニコ動画が発祥らしい、『東方緋想天』の登場キャラ『永江衣玖』に対するネタっぽい歓声or呼びかけ。
『永江衣玖』は、技のポーズがサタデーナイトフィーバーのポーズに酷似している事から、ギャグ系東方二次創作でどんどんネタキャラ化していき、いつ頃からか『永江衣玖』の技のポーズ絵のアスキーアートには『キャーイクサーン』という歓声というか呼びかけというか、そんな文字が入るのが定番になっていました。
こちらも、『キャーイクサーン』でぐぐるといっぱい出てきますよ。


第12回

 東方関係のネタは無し


第13回

放送時間24:37付近より
 リトス:カンパネラジオでは常識に囚われてはいけないのです!
 サルサ:そ、そーなのかー!
淵明の元ネタ解説
東方カンパネ4
ある意味、『東方地霊殿』で一番美味しい所を持っていった『東風谷早苗』の名言。
最初と最後が早苗のセリフとちょっと違うので、元ネタ無しとも考えられるのですが、私はきっとこの早苗のセリフが元ネタだと思います。
このセリフ、『東方風神録』の頃は外の世界から来たばかり、ヘタレで6面中ボスもこなせなかった早苗が、一気に(幻想郷的に)壊れていった事を象徴する名言です(笑)。
あと、ここ以外でも何回か使用されてるサルサの『そーなのかー』は『東方紅魔郷』のルーミアのセリフかとも思ったけど、その後に必ずリトスが『なのです』って繋げてるから、多分東方以外の作品が元ネタなのでしょう。


以上、適当にメモからコピペして、画像付けてちょっと文章弄るだけのつもりが、随分長くなってしまった・・・。
私が流し聴きしながらメモっただけですので、抜けてる東方ネタもあるかも。
他の東方ネタに気付いた人は是非教えて下さいね。
それにしても、東方本編、東方本編外、東方二次創作ネタと、いろいろな所からラジオにネタを持ってきてますねぇ(笑)。

『祝福のカンパネらじお』も先月で終了し、夏にはCDでバックナンバー&特別版が出るそうですね。CD特別版でゲストとか来ると良いなぁ。みるさんorふーりん辺りが有力候補だがどうだろう?
それでは、撤収。


※4月19日修正&追記
 重度の『ぱねらー』向けに書かれた文章だったので、ちょっと不親切かもと読み返して思った。
 だって元は私の私的な雑多メモで、あんまり人に見せる事想定して書いてないからなぁ(苦笑)。
 そこで、一部文章&レイアウトを『祝福のカンパネらじお』未聴者にも分かり易く変更&追記。
 それ以外にも、ちょっと追記。

※5月5日追記
 AIZさんから情報提供して頂いた第5回放送のネタを追記しました。
 更新の音速が遅くて申し訳ないです。
posted by 淵明 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年03月30日

みるさんの、サイン来た!!

みるさん&倉たろうのサイン

一昨日、来ましたよ〜!みるさん&倉たろうの、サイン色紙!
で、昨日サイン額を買ってきて、今は壁に提げてあります。
いや〜、遂にみるさんのサイン色紙も手に入れてしまいました。
某サインと2枚並んで壁に飾ってあると、感慨深いものがありますね。
某サインが何かは、過去の当ブログの内容から御察し下さい(笑)。
思わず、ニヤニヤしてしまいますね。

こうなると、ゲームの内容とか出来とかそんなの無視して、この恩義に報いるために『ツンな彼女 デレな彼女』の購入を決めちゃおうかなぁ。率直なところ、私、ツンデレ属性皆無な人なので『ツンな彼女 デレな彼女』は、あまり心惹かれる設定のゲームでは無いのですがね〜。ましてや、みるさんはサブキャラなんだもの。
今のところ4月下旬は気になるソフトが2本ほどあるので、その体験版をやってからどうするか決めようかな。
購入本数が少なければ、買っちゃおうかな。


そして、ゆずソフトの『天神乱漫』のオフィシャル特典がCD『出張版 天神乱漫 オーラの滝!〜まいなすイオンがでてますよ〜』だと知った30分後には、オフィシャル通販の注文完了してた(笑)。
その勢いで、バナーキャンペーンにも参加。CVが未亜さんのキツネ娘さんという、個人的趣味全開のキャラセレクトで。
まあ、もともと『天神乱漫』は購入検討中ソフトだったから、購入決定しても問題無いのだけれど。
ただ、この作品はどこもかしこも良さそうなのだが、『ここに惹かれる!』っていう個人的ポイントが無いんだよなぁ。全部AランクでSランクがひとつも無い感じ。設定は王道で、スタッフも鉄板過ぎるんだよなぁ。
どこかに少し突き抜けた、尖がった所が欲しいと思ってしまう。


まあ、一つ言える事は、去年に続いて今年の春先も期待作が多くて、例大祭で減った財布の中身が、全然回復しそうに無い、と言う事だね。
辛い資金運営が続きます。記事は終わります。
posted by 淵明 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年02月20日

みるさんゲストの『頑張って少女騎士になるラジオ』

あれ?
何、このクジ運?
最近、なんかホントに幸運値補正がパネェ淵明です。

音泉で絶賛放送中の『頑張って少女騎士になるラジオ』ですが、今回は みるさんがゲストって事で。
そりゃあ、みるさんがゲストに来るならメール出さないとって事で、頑張って文章捻り出して、番組に初投稿したんですよ。2通ほど先週に。

で、読まれました。
で、更に、番組最後のシャッフル抽選で、何か当選してますよ!?
こりゃ、『聖剣のフェアリース』の購入を真面目に検討してみないとなぁ。一応、様子見で行こうかと思っていたのですが。

あと、番組中でまひる朕に「みるさんの黒さを、わかってない」言われましたが、ちょっとはわかってると思いますよ。まあ、こちらが勝手に感じている印象ですが。
そりゃあ、真っ白とは思ってませんよ(笑)。みるさんも黒いっちゃ黒いでしょうけど、パーソナリティ3人中の、あの2人には及ばないと思うんですよね(笑)。
だって、こなみさんと、特にりんごさん、会話から凄く演技っていうか計算のにおいがするんですよね(爆笑)。
みるさんの黒さレベルとしては、まひる朕よりやや上くらいって事で認識しています。
ぴこぴこジャンケンで、その辺が出てるじゃないですか。素直に出す2人と、深読み裏読みして出す2人(笑)。

『聖剣のフェアリース』は主人公が、どうもあまり良い感じがしないんだよなぁ。好きそうなタイプじゃ無いんだけど。
この手のゲーム、主人公が気に入らないと楽しめない人なんで、自分。
まあ、そこら辺をわかるためにも、そのうち体験版やってみるか。

って感じで私の駄文は終わりです。
みるさんは来週もゲスト!ラジオ、来週も楽しみ〜♪
posted by 淵明 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年02月07日

『祝福のカンパネラ』ミネットルートクリア

ミネットが可愛かったので、満足です。

その一言で全ては語られてしまう様な気はしますが、無粋ながらつらつらと書き連ねてみようかなぁ、と。
以下、ミネットルート限定のネタバレ満載で、お届けします。

まだ未クリアの人でネタバレNGな人は、気を付けて。

『祝福のカンパネラ』まだ1キャラのルートクリアしただけだけど、期待通りの良い出来ですね。
期待を越える凄い出来では無いですけど、これならば大満足のレベルです。
特に、CGの綺麗さと、BGMの出来、これらが素晴らしいですね。

ミネットルートで一番好きな所は、エピローグの「パパ」から「レスターさん」に呼び方変える所。こういうのは凄く好き。
終盤は「呼び方変わらないかなぁ」と思いながら読み進めていたので、最後になってレスターが言い出して嬉しかった。
類似例で言うと、minoriの『wind』のひなたルート、お兄ちゃんから真さんに呼び方変わるのとか、凄く好きでした。
やっぱり、お互いの立ち位置が変わったら、色々それに合わせたものに変えていかないと。

また、最後の「幸運の鈴」の新しい名前を「祝福の鈴(カンパネラ)」にする所。
ベタですが、良いですね。
というか、ミネットのキャラムービーを見た時に「この鈴が『祝福のカンパネラ』ってタイトルと関係しているのかな?」と思い、その後、カンパネラジオで【祝福の鐘】って言ってるので「違うのか」と思い直したのですが、やっぱり【祝福の鈴】であっていたのですね。
イタリア語には詳しくないのですが、英語では鈴も鐘も【bell】なので、イタリア語も恐らく鈴・鐘の双方とも【campanella】なのでしょう。

キャラムービーと言えば、ミネットのキャラソン『*twinkle*twinkle*』。
雑誌のインタビューとかで言っていたとおり、詞の内容がシナリオと、とてもリンクしていましたね。
ある意味、とてもネタバレ気味なキャラソンでした。もしかしたら、シナリオ展開が予想通り過ぎたのは、この歌を私が結構聞き込んでいた為かもしれません。

また、アバディーンとの最後の決闘。『祝福のカンパネラ インストバージョン』をBGMに戦ったのは、かなり熱くなりましたよ。
折角こんな良いキャラを作ったのですし、いっそのこと、ファンディスクでRPG作りましょうよ、ういんどみるさん。簡単なので良いですから。昔のLeafの『初音のないしょ』にあったLeafFightみたいな感じで。

そして、ミネットの「えへへー」という独特な笑い方が可愛くてしょうがない。
これは声優さんの素晴らしさにつきますね。とてもキャラにあった、ナイス声優選出です。

ストーリー的には、まだミネットルートしかクリアしていないので、色々不明な点はありますね。
シェリーやアルトワーズの不可解な行動とか、アバディーンの人間をオートマタにする技術、特に、自分で自分をどうやって改造したのか、とか。
アバディーンは自分をオートマタにしなければ、自分のコアに使った魂紫珠を研究して、魂紫珠の呪いだか残留思念だかを消す事が出来たかもしれず、ミリアムを助けられなくとも現状維持は出来たのでは無いかと思うと、何故に自分までオートマタにしたのか、と。
まあ恐らく、ミリアムの前の人体実験として自分を使ったか、ミリアムだけを人外にするのを良しとしなかったか、その両方か、どれかなのかでしょうが。
この先別ルートで明かされて行くのかどうかは知りませんが、こんな様な疑問点は幾つかあります。
ただ、前作の『はぴねす』の様に、突っ込みどころ満載な内容では無いので、良い感じですね(学生が校舎を消し飛ばして特段問題になっていないとか(笑))。

現在、2週目中〜。
これからは、ゆっくり読み進めていく予定。
1キャラクリアして大きなネタバレは少ないはずなので、安心してネット巡回出来ますしね。
とりあえず、2週目はカリーナルートで行く予定です。

全クリア後にまた何か書くかもしれず。書かないかもしれず。
それでは、また。
posted by 淵明 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年02月02日

『祝福のカンパネラ』プレイ中

現在、『祝福のカンパネラ』攻略中につき、当ブログは普段にも増して更新頻度は激減中。
せめて、1キャラクリアしなくては。
もちろん、ミネットルートからクリアするつもり。

現在、やっと2章。
予想以上に、1章が長かった。このペースで何章まで有るのだろうか?
キャラルートは、恐らくミネットルートに行けてると思うけど、もしかしたらカリーナルートかも。

ここまでの、雑感。
2章までだけど、チョイ、ネタバレか?

その1
裕羅さん、出てたよね?序章のチェルシーと話してた、あの役、そうだよね?
自分のダメ絶対音感は、多分アレそうじゃないかと思うんだけど、どうだろう?

その2
『はぴねす』の喋る杖設定は、設定として前面に推していた割には(ビサイムとたまちゃん以外)はっきり言って微妙だったけど、今回のカリーナのモンテッキアは、結構良い感じだと思う。
何となく、某リリカルなアニメのデバイスっぽいエフェクト音声だが、ヤツは良い杖だ。

その3
最近は、選択肢の少ない作品が多いけど、やっぱり選択肢が多い方が、自分が選択して物語を薦めている感じが出て良い物だなぁ。
読むだけなら小説や漫画が有るし、見るだけなら動画もある。
ゲームってのは、自分が作品に参加している、影響を与えている、そんな感覚が醍醐味なので、エロゲとはいえゲームと名の付く以上、この位選択肢が多く出てくれた方が、好みだな。

そんな訳で、また潜ります。
数日後にお会いしましょう。
posted by 淵明 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2009年01月23日

『恋文ロマンチカ』ヒロインの声優名発表

たまには音速を越える感じで更新してみるよ。

さて、今日1月23日は『恋文ロマンチカ』の声優オーディションの発表でしたね。
そして、『あまなつ』の紗智の誕生日でもあった様で、チュアブルのトップ絵は紗智ですね。おめでと〜。
・・・『あまなつ』持ってないけど(苦笑)。

本題回帰。
メインヒロイン5人の声優さん名が発表されています。
折角ですので、それぞれ簡単に書き綴ってみますね。

桃井いちご さん (秋月桔梗役)
 前作のシュガスパでミャンマー役だった桃井さんが桔梗役でした〜。
 ・・・って全然解らなかった!
 言われてみれば、HOOKのハニカミのクレアに近い声ですね。
 ここ1〜2年で結構名前を見かける様になった桃井さん。今作も良い演技を期待。

suine さん (ヴァージニア・O・パルトロー役)
 名前も知らないし、声も解らない。
 新人さんなのか、私が聴いた事のない声なだけなのか。
 チュアブルのサイトでよしおさんが言ってる様に、自分も一発でこの役にはこの声だと思いました。
 私、一般的なツンデレが苦手なのですが、こういった方向性の声なら有りです。
 上品で素晴らしい。

奥山歩 さん (閑鳥みつ役) 個人ブログ
 選出された5人の内、私が声だけで解った唯一の人。
 チュアブルのマスコット、キスカちゃん役でチュアブル的にはすっかりお馴染み。
 個人的には、まふまふ広場のwebラジオパーソナリティとしてもお馴染み。
 他を圧倒するまったりした演技で素敵な閑鳥みつを演じられる事を期待。

ひなき藍 さん (仁見来香役)
 どこかで見かけた名前だと思い調べたら、D.C.Uのメインヒロインの人でしたか。
 D.C.は、販売後に制作者が曲芸を大量退社した時に自分の中で終わったのでUは全然知らず。
 ただ、勿論そんな話と声優さんの好悪は全然関係ありませんよ。
 チュアブルのサイトでも語られている様に、ユーザーと制作者共に5割近くの支持を集めた良い演技。
 個人的にも、桔梗と同じくらい来香は好きそうなキャラなので、とても期待しています。

木野原さやか さん (宵之道吟情役) 個人ブログ
 初めて知ったお名前なのですが、検索した所、本当に最近出てきたばかりの人の様で。
 他社作品では、『メアメアメア』のメインヒロイン、『魔王と踊れ!2』の挿入歌など。
 ・・・って、出てきたばかりなのに、メインヒロインに歌の活動まで。
 『恋ロマ』オーディションでも最終選考に3役も残っているなど、これから注目の新人さんですね。
 吟情先生役も期待してます。

そんな訳で、『恋文ロマンチカ』のメインヒロインの5人の声優さんについて、つらつらと書き綴ってみました。
声優の皆さんの良い演技を期待しています。

それでは。
posted by 淵明 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ