ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2010年01月28日

永遠亭東方放談『第01回:翡翠の幻想的原料(厭い川の翡翠)』

輝夜 始まりました『永遠亭東方放談』。さて、記念すべき第01回目のテーマは・・・『翡翠の幻想的原料(厭い川の翡翠)』?
これはまた、随分と範囲の狭い話題ね。
永琳 最初は、身の丈にあった簡単な話から始めようって事らしいわよ。ゆくゆくは、もっと壮大なテーマについて放談したいとは考えているらしいけれどもね。
輝夜 最初から壮大な風呂敷を広げてしまうと、往々にして長続きしないからね。とりあえずは、短めの文章で流し運転って事でいいんじゃない?
で?
『厭い川の翡翠』って、確か守矢神社の神様の一柱『洩矢諏訪子』のスペルカード名よね?これがどうかしたの?
永琳 先日、ブログ主が『The Grimoire of Marisa』を読んでいた所、『厭い川の翡翠』について気になる記述があったのよ。引用すると、
外の世界の糸魚川という所で翡翠が採れるらしい。しかも、曰く付きの……。
って部分なのだけれど。
この『曰く』の具体的な内容については、東方元ネタWikiでも触れていないみたいだから、放談のネタにちょうど良いかと思って。
輝夜 ふむふむ。『曰く付きの翡翠』ね〜。
永琳 『翡翠』に纏わる『曰く』と言ったら、輝夜は何を思い浮かべるかしら?
輝夜 そうね〜。やっぱり『李賀』の代表作『秋來』の結句『恨血千年土中碧』かしらね。
現代語に意訳するなら『恨みを抱いて死んだ者の血は、土の中で翡翠と成り、千年後まで残る事だろう』って所かしら?
永琳 漢詩に詳しい人なら、それを真っ先に思い浮かべるでしょうね。
ちなみに『恨血千年土中碧』は、『荘子・外物篇』にある『萇弘は蜀に死す。其の血を蔵すること三年にして、化して碧と為る。』が原典となっているわ。
ここで言う『碧』とは単純な色の事ではなくて『碧玉』、つまり『碧色の玉』『翡翠』の事ね。
輝夜 『翡翠』の原料は『恨みを抱いて死んだ人の血』ってあたりが、『曰く』というか、『タタリ神・洩矢諏訪子』のスペルカードらしくて良いんじゃない?
永琳 そうね。でも日本では、『碧血碑』や『碧血丹心』の様に、『恨みを抱いて』よりも『忠義の士が』って所の方がクローズアップされているようね。
まあ、『The Grimoire of Marisa』を初めとして、神主が『翡翠の曰く』について具体的に明言した資料は無いのだから、『翡翠の原料が恨みのこもった血』と言うのは、あくまでブログ主の勝手な解釈なのだけれども。
輝夜 そうそう。ここはブログ主の思いついたことを放談するコーナーなので、これも一つの解釈って事でよろしく♪
それにしても、『李賀』はちょくちょく東方の元ネタ関係に見え隠れするわよね。一番有名なのは、亡霊姫が住んでいる『白玉楼』の完成記念文を書くために天帝に呼ばれて昇天してしまったエピソードでしょうけど。
永琳 他にも『李賀』には『夢天』という『月世界から遙か下の地球を見下ろして詠んだ漢詩』があるわね。
この中の一句『更変千年如走馬』(地上の千年は月世界の一瞬)って部分なんかは、私こと八意永琳の曲『千年幻想郷』をどことなく連想させるわ。
輝夜 そのうち時間が出来たら、中国史上で異彩を放つ幻想詩人『李賀』について放談してみるのも面白いかもしれないわね〜。
と言った所で、今回の放談はおしまい。それでは皆さん、また次回〜。
最後に。この東方アイコンは、当ブログ執筆者が敬愛する『みょふ〜会』様の使用権フリーのものを使用させて頂いております。
posted by 淵明 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 永遠亭放談

2009年12月24日

永遠亭時事放談・第1回『クリスマスにお勧めの小説』

輝夜 そう言えば、永琳知ってる?ちょっと前に、里で紅魔館のメイドに聞いたのだけれど、今日は『クリスマス』って日らしいわよ。
西洋のお祭りで、洋風の焼き菓子を食べたり、焼いた鶏肉を食べたりして、お酒を楽しむ日らしいわ。
永琳 ええ、知ってるわよ。西洋の宗教『キリスト教』に関連したお祭りね。
そう言えば折角のクリスマスに因んで、このブログの執筆者がお薦めしたい『キリスト教に関係した小説』があるらしいわ。
輝夜 へ〜、『キリスト教に関係した小説』ね。いったい、どんな小説なのかしら?
永琳 それはね、この本よ。
続きを読む
posted by 淵明 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 永遠亭放談

輝夜・永琳の永遠亭放談『はじめに』

輝夜 『輝夜・永琳の永遠亭放談』はじまりま〜す。
永琳 さて、この唐突に始まった記事だけれども・・・。
輝夜 この記事は、ブログの執筆者である淵明が思いついた、突拍子もなかったり、小難しかったりするあれやこれやを、私『蓬莱山輝夜』と、その忠実なる付き人『八意永琳』の2人の対話形式でお送りします。
永琳 はい、その通りね。
で、何故対話形式の記事を始めたかというと、自分の過去の記事を読み返して思う所があったかららしいわ。
輝夜 自分の小難しい記事を読み返したら、ダラダラ長い割に解りにくくて、しかも読んでてつまらない事に、ようやく気付いたらしいわね〜。自己を見つめ直して、客観的な事実に気付くのは、良い事だと思うわよ。
それで、何か良い考えは無いかと思い悩んでいた所、他のサイトでキャラの掛け合いで記事を書いているのを見て、「これだ!」と思った、と。
永琳 そうそう。
ついでに言うと、最初は「うんちく語りを2人組で」って事で、無難に秘封倶楽部の2人が候補だったらしいわ。でも、その組み合わせで対話記事とか、結構他でもやってそうだしね。結局、ブログの執筆者の趣味で私達永遠亭の主従2人に決まったみたいね。
輝夜 「東方は特定のキャラに傾倒しすぎず、世界観全体で楽しむもの」が淵明の普段の主張だけど、そんな事を何だかんだ言っても永遠亭推しだからね、あの人も(笑)。ちなみに「キャラを演じる脳内声優さんは、『蓬莱山輝夜』が壱智村小真さん、『八意永琳』が浅井晴美さん、って事でお願いします」、だって。
永琳 個人の趣味丸出しで声優さんを選んでるわね(笑)。
最後に、この放談について。東方に関連する内容を語る場合は『永遠亭東方放談』、その他の事について語る時には『永遠亭時事放談』、そんな風にタイトルを変えて第○○回と続けていく予定です。
輝夜 まあ、どこまで続けていけるかは未知数ですけれども。
それに、キャラになりきって文章を書くとか、あまりやり慣れてないから拙い所も多々あるかも。
とりあえず、これからよろしくお願いします。
永琳 そうね。続く限り、よろしくおねがいしますわ。
輝夜 最後に。この東方アイコンは、当ブログ執筆者が敬愛する『みょふ〜会』様の使用権フリーのものを使用させて頂いております。
posted by 淵明 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 永遠亭放談