ティンクル☆くるせいだーすPSS
新キャラ『イレア』、ついにゲーム本編に登場!
『ティンクル☆くるせいだーすPSS』好評発売中!

2011年09月11日

『東方神霊廟』4ボスの時代的矛盾と『かんざし』の正体

以下記述の文章には、『東方神霊廟』のネタバレが激しく含まれます。
未プレイでネタバレが嫌な人は、当該ページを閉じて下さい。
10行下からネタバレ文章開始。










何故こんな文書いてるかと言えば、『東方神霊廟』の『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』内『霍 青娥』に関する文章を読んで、「これは時系列的に、突っ込み所満載だなぁ」と思ったからなのです。
つまり以下に続くのは「重箱の隅を突っつく」類の文章ですので、その類が嫌いな人は読まないことをお勧めします。



霍青娥
上絵の右側の青髪キャラが『霍 青娥』です。
キャラデザ的には、かなり可愛いです。

それでは、まず『霍 青娥』自身の元ネタについて。

『霍 青娥』の元ネタは『東方神霊廟』の『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』内の記述から考えて、『聊斎志異』全496編の中のひとつ『青娥』で間違いないと思います。

聊斎志異_青娥
「『聊斎志異(下)』岩波文庫、蒲松齢 作、立間祥介 編訳」より

以下、『東方神霊廟』の『霍 青娥』と、『聊斎志異』の『青娥』との共通項を上げてみます。



【青娥が幼い頃、父親が道教にはまり彼女を置いて山に篭もってしまった。
父が残した本に興味を持った彼女は、何度も何度も本を読み返し、道士に
憧れるようになった。特に何仙姑(かせんこ:道教八仙人の一人)に憧れ、
いずれ自分も仙人となり父に会うと誓った。】
(東方神霊廟『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』より引用)
(以下【 】内の文章は東方神霊廟『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』より引用したもの)

[幼いときから父親の書物を盗み読んで、何仙姑の人となりを慕い、父親が山中に籠もってしまったこともあって]
(『聊斎志異(下)』岩波文庫より引用)
(以下[ ]内の文章は『聊斎志異(下)』岩波文庫より引用したもの)



【八年経ったある日、青娥は突然別れの言葉を言いだした。】

[はや八年になり、お別れの時も迫りました]



【術を使い、竹の棒を自分の姿に見せて死んだように見せかけたのだ。家族はそれを埋葬したのである。】

[あの時、わたくしは死んだのではなかったのです。埋められたのは竹の棒だったのです。]



他には、「霍家に嫁に行く」というのも、両者に共通している設定内容です。

また、青娥の【能力:壁をすり抜けられる程度の能力】ですが、『聊斎志異』の『青娥』では[一尺ばかりの小さな鑿のような物]が話のキーアイテムとして登場し、これが実は「どんな固い物でも、腐っている物のように簡単にスパスパ削ることの出来る」というマジックアイテムなのです。
作中では塀に穴をあけて敷地に忍び込むのに使用されています。

ちなみに神霊廟の『霍 青娥』のキャラ絵。
頭に刺している簪(かんざし)っぽい物が、私には『小さな鑿』に見えます。

青娥_簪
左側、白い部分が「鑿の刃」、右側の黒い部分が「持ち手」に見えます。

聊斎志異_鑿
『聊斎志異』の『青娥』の挿絵。右側の人物が手に持ち、塀を削るのに使用しているのが、その『小さな鑿』です。

元ネタが『聊斎志異』なら、「簪(かんざし)=鑿(のみ)」は充分有り得ることではないかと思っています。



以上、『霍 青娥』の元ネタが『聊斎志異』であることの査証でしたが、ここからは「『霍 青娥』の元ネタが『聊斎志異』であることで生じる問題点」を上げます。



まず、『聊斎志異』における『青娥』の時代設定です。
『聊斎志異』の作中に(科挙の)[生員]、[順天府(北京)]と出てくることから、明〜清初期の時代設定であることが分かります。
明〜清初期、つまり、西暦1400〜1700年頃です。
聖徳太子の死後800〜1100年です。
時代が合わないにも程があります。



となると「キャラ設定は『聊斎志異』を参考にしたけど、『東方神霊廟』の『霍 青娥』は、もっと昔に時代設定してあるんだよ」と考えるのが妥当です。
『東方神霊廟』の『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』には、[生員]とか[順天府]とかの直接的な時代設定を導き出す言葉は出てきませんから。



ところがここで、ひとつだけこの解釈を邪魔する文章が『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』内にあるのです。
それが、【何仙姑(かせんこ:道教八仙人の一人)に憧れ】の一文です。



【何仙姑(かせんこ:道教八仙人の一人)】との記述が『キャラ設定とエキストラストーリー.txt』にもあるように、『何仙姑』は中国で有名な『八仙』の一人で、ついでに女性の仙人です。
そして、ここで問題なのは「『何仙姑』自身が仙人になった時期」です。
『何仙姑』が人間として生を受けて、人間から仙人になったのは、唐王朝の時代。
仙人になるエピソードに『武則天』が出てくるので、だいたい『聖徳太子』の死後40〜80年くらいの時期だと推定されます。

『豊聡耳 神子』に道教を教えた『霍 青娥』が憧れていた『何仙姑』は『聖徳太子』の死後に仙人になった?
時系列で表すと、下記のようになります。


歴史上では『豊聡耳こと聖徳太子』が生まれて死ぬ(574年〜622年)
 ↓
『何仙姑』が仙人になる(655〜705年の間)
 ↓
『何仙姑』に憧れて、『霍 青娥』が仙人になる(『何仙姑』が伝説になるくらい後)
 ↓
日本に渡った『霍 青娥』が、『豊聡耳 神子』に道教を教える(東方神霊廟)
 ↓
おや?



と言った感じで、【何仙姑(かせんこ:道教八仙人の一人)に憧れ】って設定が『霍 青娥』にある限り、色々と時代順的に矛盾が生じてしまうのです。



と、グチグチと長い文章を書いてきましたが、
「まあ、別に現実世界の『何仙姑』と『東方神霊廟』の『何仙姑』が同じじゃないかもしれないし、『豊聡耳 神子』=『豊聡耳こと聖徳太子』だなんて何処にも書かれてないんだから、細かいことは気にするなよ!」
それより酒でも呑もうぜ!
といったノリで生きた方が東方を楽しめることは間違いないと個人的には思うので(笑)、重箱の隅を突っつく文章はここで終わりです。



最後に、参考にした本はこちら。

聊斎志異
『聊斎志異(上)・(下)』岩波文庫、蒲松齢 作、立間祥介 編訳
『道教の神々』講談社学術文庫、窪徳忠

と言っても『聊斎志異(りょうさいしい)』は上下巻ありますが、『青娥』について書かれているのは下巻だけですけどね。
posted by 淵明 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 東方関連

2011年09月10日

『se・きらら』漫画版フルボイスムービー、みるさん出演中!

『se・きらら』漫画版フルボイスムービー、第3話以降もフルボイスムービー化することを願って、全力で支援中。


と言うことで、謎キャラとして第1話では姿こそ出てくるもののセリフが1つも無かった『秋山望美』ですが、第2話からはセリフが存在します。
つまり、『秋山望美』のCVである『みる』さんの出番が第2話からはあると言うことです!


【ニコニコ動画】「se・きらら」漫画版第2話 フルボイスムービー

みんなもムービー見て、再生数を増やしましょう。第3話以降もボイスが付くように!
ちなみに今日発売の『コンプティーク10月号』買ってきましたが、第3話は転校生として登場した『秋山望美』のセリフ多めですよ〜。是非ともこの第3話に、みるさんの声を付けて欲しい!


そして、この『コンプティーク10月号』ですが、声優さんのコメントが載っています。
もちろん、みるさんも居ます。

『se・きらら』声優コメント

重度のみるさん大好きな人は、『コンプティーク10月号』買ってきて、みるさんのコメントを読むと良いよ!
そして私と同じように、アンケ葉書を『se・きらら』推しで書いて投函して、みるさんが望美のボイスで活躍できる範囲を増やすことに力添えすると、更に良いよ!


……それにしても、これ、音声付けてSE付けてBGM付けてるよね。
……プロの声優使って、SEやBGMつけて、作業量的には『ドラマCD』新規制作と変わらないよね。
……それをわざわざ無料でネット公開してるとか、『se・きらら』は本当、何を目指してるんだろう……。ゲーム本編も無料公開だったし……。


他人事ながら、予算とかどうなってるのか心配になってきますわ。
そんなことを考えつつ、お終い。
みるさんの演じる望美かわいいよ望美。
posted by 淵明 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん

2011年09月09日

『重陽の節句』と言えばこの漢詩

9月9日と言えば『五節句』の一つ『重陽の節句』です(『重陽の節句』について詳しく知りたい人はリンク先Wikipediaをどうぞ)。
現代日本においては『五節句』の中で一番目立たない『重陽の節句』ですが、私は結構好きだったりします。
何せ自分の誕生日なので。酷く個人的な理由で申し訳ないですが(笑)。


そして、もともと『節句』ってものは暦法と共に中国で生まれたものですので、本場はアチラです。
漢詩にも、『節句』を読んだものが当然あります。やっぱり季節ものは題材にしやすいですし。
で、もちろん『重陽の節句』を読んだ漢詩も幾つか存在します。
そんな中、私の一番好きな『重陽の節句』の詩は、杜牧の【九日齊山登高】です。




九日齊山登高   杜牧

  江涵秋影雁初飛
  與客攜壺上翠微

  塵世難逢開口笑
  菊花須插滿頭歸

  但將酩酊酬佳節
  不用登臨恨落暉

  古往今來只如此
  牛山何必獨沾衣


9月9日、齊山に登る

長江の水面には秋の景色が映り、空には今年初めての雁の群れが飛んでいる。
そんな中、親しい客人と共に酒壺を携えて齊山に登った。
(注:昔の中国では『重陽の節句』に小高い丘に登って宴会をする風習があったのです)

今の嫌な世の中、大口を開けて笑えるようなことは滅多に無いけど、
こんな日くらいは菊の花でも頭髪に挿して、おどけた感じで帰ろうじゃないか。

ただただ酩酊するほど酔っぱらうことで、よい節句の日にむくいることが出来たのだから、
登った山から見える落日に向けて、今日が終わってしまうことを恨むなんて不用なことだ。

古代から今現在まで、世界はこうして時間が流れているのだから。
その昔、牛山に登って涙で衣を濡らした人が居たそうだけど、そんな嘆きは何の意味も無いことだ。
(注:『牛山』とは、春秋時代の斉の景公が牛山に登って「国は永遠に続くのに、自分の身は死の定めから逃れられないのか」と嘆いた故事から詩に引用している単語です)




良いですよね〜、この詩。
「めでたい日は酩酊するほど酔っぱらうのが一番!」って感じでアルコール分多めな内容ですし(笑)、夕暮れの一瞬と永遠に続く時間の流れを対比させてるのも良いですし。
『古往(こおう)、今來(こんらい)、只、此くの如く』とか、口に出して読みたくなる格好良さがある響きです。


あ、あと上記の訳は、私が適当に自分解釈で大雑把に意訳したものなので、もっと正しい内容を知りたい人は本屋さんで杜牧の詩集でも買って読んで下さい。細かい内容に責任と自信は持てません(笑)。
以上、「今夜は酒を呑むぞ〜」とか考えつつ、お終い。
posted by 淵明 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史関係

2011年09月05日

TVアニメ『ましろ色シンフォニー』声優インタビューサイト一覧

10月放送開始のTVアニメ『ましろ色シンフォニー』。
出演声優さんのインタビューを掲載している、アニメ系商業情報サイトを探してみました。

もちろん、アンジェ役で出演する『壱智村小真』さんの写真&コメント目当てで。

WEB検索かけて探した結果、多分下記の3カ所で全部だと思いますが、「ここにもあるよ」って情報を持ってる方が居たら是非教えて下さい。
3カ所とも、微妙に写真やコメントの文章等違うので、全箇所要チェックです。
(9月8日追加&更新)
9月6日・7日付けの新着記事を4カ所目・5カ所目として追加しました。
また、5カ所目と写真&コメント内容が完全同一の配信記事が各ニュースサイトで公開されているようです。これらは全部を把握しても内容が同じ為に大して意味無いので、適当に目に付いたのだけリンクしておきました。

私と同じおまちゃんファンの人は、コメント内容や拡大写真を自分のローカルフォルダに保存したりすると良いよ!



10月放送スタートのTVアニメ『ましろ色シンフォニー』より、水島大宙・小野涼子・後藤麻衣・壱智村小真・力丸乃りこ・吉田真弓にインタビュー



主人公は最終的に誰と結ばれるのか!? 
キャスト陣も展開が気になるTVアニメ『ましろ色シンフォニー』キャストインタビュー!




10月から放映開始! TVアニメ『ましろ色シンフォニー』アフレコインタビュー!



アニメ『ましろ色シンフォニー』アフレコインタビュー公開!! (9/6 新着記事)



放送開始迫る!アニメ『ましろ色シンフォニー』アフレコインタビュー (9/7 新着記事)
  配信記事1配信記事2配信記事3配信記事4



個人的には、おまちゃん目当ての作品なので、声に直接関係あるシナリオがしっかりしていてくれれば、私的には充分及第点なアニメ作品になると思います。
しかも、アニメのメインストーリーがどうせおまちゃん演じるアンジェがメインヒロインのルートでは無いことはキャラ人気とかから確定的に明らかなので、アンジェが楽しく騒がしく雰囲気を賑やかしてくれれば充分です。高望みはしません。
よっぽど酷くない限りDVDも買います。おまちゃんの為に。

以上、応援してるんだかしてないんだか解らない文章、お終い。
posted by 淵明 at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 好きな声優さん

2011年07月28日

【イレアとルルシェの”神”ラジオ】本日放送開始!&感想

ついに、ついに始まりましたよ!本日、7月28日配信開始!

壱智村小真さんこと『おまちゃん』と、南條愛乃さん(愛乃をずっと「あいの」と読んでいましたが、正しくは「よしの」って読むのですね……今日初めて知りました(汗))こと『ナンジョルノ』さんの、お二人がメインパーソナリティを務めるWEBラジオ!

『ティンクル☆くるせいだーす イレアとルルシェの”神”ラジオ』!!!



相変わらず、トークが微妙に噛み気味なおまちゃんが可愛すぎて、ニヤニヤしてしまいますね!
特に、クルくるの作品概要説明で2回目に噛んだとき、おまちゃんが思わずつぶやいた「むにゃ!」が可愛すぎる!!!
そして、初対面でギクシャクした感じがお二人とも初々しい(笑)。

ラジオの略称は『神ラジオ』が公式っぽいですね〜。まあ、『神ラジオ』転じて『噛みラジオ』と言われているらしいですが(笑)。
「噛み噛みラジオ……うわ〜ん、言わないで〜……さっきから散々噛んでるので何とも言えないけど」というおまちゃん。
「(噛みラジオと言われて)ハードルが下がって嬉しいです、私。……私も、凄い……噛み倒して行きたいと思います!」というナンジョルノさん。
基本まったりとしつつ、ある意味酷い、そんなラジオを今後も期待できそうですね(微笑)♪



そして、一番のサプライズは!番組のオープニングとエンディング!

オープニングは、ナンジョルノさんの歌う『ルルシェ』のキャラクターソング『Sweetest Memory』!

エンディングは、
おまちゃんの歌う『イレア』のキャラクターソング

『My Love & Heart』!!!


去年の『トゥルリラブ』に続いて今年も、おまちゃんの歌う新曲キャラソンが聴ける!!!
今からCD発売が非常に楽しみですよ!!!早く、早く発売して、リリアンさん!!!



次回配信は8月4日ってことですので、『神ラジオ』は毎週更新のWEBラジオのようですね。
(8月2日訂正。公式サイトに「隔週木曜日更新」の文言が追加されました。)
今日は午後から響ラジオステーションのサイトにずっと張り付いて更新のタイミングをチェックしていましたが、この番組の更新は17時丁度に行われるみたいですよ。
いや〜、これから木曜日が楽しみで仕方がない!

そして、この文章を読み返すと全体的に『!』だらけですけど、気にしない!
おしまい。


20:50追記

家に帰ってきたら丁度良いタイミングで、第89回『リリアンちゃんコーナー!』で採用されたメールのプレゼント缶バッヂが届いていたので、写真を上げておきますね〜。

Lillianバッヂ
posted by 淵明 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん

2011年07月18日

『カミカゼ☆エクスプローラー!』考察1(琴羽考)

まず、最初に。
以下の考察は、文章執筆者である淵明さんの偏った考えや妄想が多分に含まれております。
また、『カミカゼ☆エクスプローラー!』のネタバレ度200%です。ゲーム未クリアの人は、読まないことを切に願います。というか未クリアの人はこんな駄文読んでないで、沙織先輩が超絶可愛い、クロシェット『カミカゼ☆エクスプローラー!』をプレイして下さい。
そして、沙織先輩シナリオ以外は1周しかプレイしてません。だから、他ヒロインの考察についてシナリオの読込不足で何処かおかしな内容があったら、ツッコミ歓迎です(沙織先輩考察に対しては全てのツッコミは受け付けません)。
以上の点を了解し、心の広い人のみ、どうぞ先にお進み下さい。

ちなみに、各ヒロイン毎のシナリオを順番に考察していくつもりです。そして、好きな子ほど後回しです。文章が溢れ出てきて纏めるのに時間がかかるからです。
第1回目は、私内ヒロインランク5位である琴羽さんの『琴羽シナリオ関係の考察』となります。




第1回 琴羽シナリオ関係の考察




琴羽シナリオ全体として

琴羽の、幼なじみとしての慶司への想いが中心のシナリオで、アルゴノートとか失踪事件とかの心配事無く、ラブラブイチャイチャ恋愛することが話の中心ですね。
慶司自身も琴羽と恋人同士になって以降、アルゴノートの活動より琴羽と過ごす時間を大切にして、最初の水没ビル調査には行かないくらいですから。

メティスのシナリオ内容への関わり方は、今ひとつ弱い感じです。
≪マーメイド≫は、唐突に起きた津波という自然災害に対処するため、たまたま都合良く備えていた能力であり、セカンド≪ハルキュオネ≫の覚醒も、事前の伏線(琴羽はメティス使用時のMWI値を測定したことが無く、≪マーメイド≫使用時の実際値はもっと高いはず)も弱めであり、いささか唐突の感が否めません。

そして、失踪事件関係については気持ちいいくらい全く出てきません。
淡島エリ、≪ポスポロス≫など、名前すら出てきませんから。

沙織先輩&美汐の失踪事件関係者ヒロインシナリオと琴羽シナリオは、言うなれば対極のシナリオであり、この琴羽がクロシェット公式の発売後人気投票にてそこそこの差で4位ということは、シナリオ内容にバリエーションを持たせて様々なユーザーの嗜好に合わせようと各ヒロインシナリオ内容についてクロシェットさんが計算したのだとしたら、大成功だと言えるでしょう。
五行さんボイスの可愛くて胸の大きな幼なじみと、安定してラブラブイチャイチャ出来ることに喜びを覚えるのならば、琴羽シナリオは最高のシナリオと言えます。

そして、琴羽シナリオのまなみは、凄くまなみらしい。「だったら、嘘は無しだよ。わかった上でそんなことを言うのは、ただの侮辱だもん」は名言。




≪ハルキュオネ≫を発動する『願望』

アルゴノートに所属するヒロイン3人(風花、まなみ、美汐)の速瀬慶司への気持ちに気付いているから、自分自身の速瀬慶司への好きという気持ちを隠して、真っ先に身を引いてしまう琴羽。

何故、慶司の恋人になることを諦めるのかと考えてみると、それはやはり、親友という位置にいる慶司や、ヒロイン3人との友情関係に、『波風を立てない』為ではないかと思われます。それは言うなれば、人間関係を『凪』の状態にしておきたい『願望』。
何かを手に入れるために他を恐れず進む(まなみの≪ペネトレイター≫はまさにこのタイプ)のではなくて、手に入れたい何かを諦めてまで、平穏を望む。
それは後ろ向きながらも、強い『願望』と言えるのではないでしょうか?
愛しい人の側に居ることを諦めてでも叶えたい、平穏という『願望』。
つまり、この『平穏への強い願望』こそが、≪ハルキュオネ≫を発動する根幹の願望ではないかと、私は思っています。

また≪ハルキュオネ≫は、風花とは違うベクトルの『守る』メティスとも言えます。
風花の『守る』が、物理的な敵から親愛なる全てを守りたいと願う、前向きな『守る』ことであるのに対し、琴羽の『守る』は保守的。時間の流れや変化する情勢から、現状維持として今を『守る』。

今回は、津波を鎮め都市を守った≪ハルキュオネ≫ですが、その能力は単純に『海を凪にする』という能力でないかもしれないとも、私は思っています。

他のセカンドを見てみれば。
光や電気など物理的&メティスの精神的なエネルギー、それら全てを呑み込み、そのエネルギーから新たな命(死んだミーアそっくりな黒い子猫)すら生み出してしまう≪ペルセポネ≫。
肉体的な生死を超越した状態となり、時間&空間を意に介さない偏在的な存在として、破壊と創造の炎を操る≪ヘリオス≫。
この超常的な2つのセカンドの能力を見る限り、≪パラス・アテナ≫&≪ハルキュオネ≫の両セカンドも、作中で見せた力が全てとは私には思えないのです。
≪ペルセポネ≫≪ヘリオス≫が過去に発動実績があり、≪ポスポロス≫という『物質D』から生まれた規格外の力に対抗するために、2度目の発動として最大限の力を引き出したことを考えると、今回初めて発動した≪パラス・アテナ≫&≪ハルキュオネ≫は、まだまだ隠された力があるかもしれないと思うのです。

そんな訳で「≪ハルキュオネ≫は自然現象のみならず、人の精神的活動力を鎮めてしまう能力が備わっているのではないか?」とか私は考えています。
今回は『津波を凪ぎにする』でしたが、戦争や暴動とかで高揚した群衆の精神を一瞬で喪失することとか、可能な気がします。
それもまた『波を退かせる』という作用であり、琴羽の『平穏』という『願望』からなら、有り得る気がするのです。

また、基本的にセカンドは最初のメティスと関連があります(沙織先輩は陰、美汐は炎、風花は空気)。
だから、≪ハルキュオネ≫も≪マーメイド≫と同様、水という能力カテゴライズからは外れないでしょう。
しかし、思えば美汐シナリオで琴羽は、≪マーメイド≫の水流操作能力を利用して人体の血液を操作し、大怪我をした風花の止血を試みています。
月の満ち欠けによって人の精神状態が左右されるという説が世間にはありますが、これは人体を構成する大量の水分が月の引力の影響を受けて、体調の変化から精神に影響を及ぼしているのだと言われています。
こんな点からも、≪ハルキュオネ≫が自然現象だけでなく、人の精神にも作用できるのではないかと思ったりもするのです。




名前についての考察

そして最後に、各ヒロインの名前について。
『上ヶ瀬』を『カミカゼ』ともじっている『カミカゼ☆エクスプローラー!』ですが、ここにヒントを得て、各ヒロインの名前について、それっぽい字というか文章の断片というか……無理矢理当てはめてみたりしました。
(ちなみに、琴羽が一番こじつけっぽいです(苦笑)。もともと思いついた切っ掛けは沙織先輩なので)

『波を止め去る』で『去止波』。
過去の『去(こ)』、『止(と)』、『波(は)』で琴羽。

……超苦しい!中二病っぽい!




では、次の『美汐シナリオ関係の考察』に続きます。
posted by 淵明 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2011年07月09日

とある声好きにとって7月戦線が凄い事に!

とある声が好きな人にとって、7月29日戦線が、大変なことになっている件について。



まず、私の1番好きな声優さんの1人である、みるさんの7月29日発売予定出演作なのですが。

   【君を仰ぎ乙女は姫に】PeasSoft
     星河 舞輝(メインヒロイン)

   【ダイヤミック・デイズ】Lump of Sugar
     姫野川 コトラ(メインヒロイン)

   【妹恋〜しすこい〜】Etoiles
     如月 穂花(メインヒロイン)

   【どうして抱いてくれないのっ!? 女の子だってヤりたいの!】chococo
     白樺 靖子(サブキャラ)



次に、同じくらい好きな声優さん(と言っても陵辱等のハード系が得意でない私は、購入作的に縁は少ないのですが)、澄白キヨカさんの7月29日発売予定出演作は。

   【禁断の病棟】アトリエかぐや
     上泉 紗良(メインヒロイン)

   【LILITH-IZM07〜俺のペット編〜】LILITH
     イスカ(メインヒロイン)



最後に久しぶりの新作出演となる、やはり同じくらい好きな声優さんである、青川ナガレさんの7月29日発売予定出演作。

   【戦国天使ジブリール】FrontWing
     神野 ナギ(サブヒロイン)



[みるさん4本]+[キヨカさん2本]+[ナガレさん1本]=[総計7本]
7月だけに7本なんですね!こいつは凄いや!……冗談抜きで、何本か延期しても良いのよ?
まあ延期したところで、8月は8月で既に1本+1本=2本のヒロイン出演作が発表になってますが。

過去、色々な声優さんが同日発売本数の多さで話題になりましたが、これは過去と比べてどの程度の規模なんですかね?
最高記録は、『誰』の『何本同時発売』かご存じの人が居たら、そこはかとなく知りたいので、何となく教えて下さい。

と言ってもまあ今回の7本は、違う声優さん3人の合計発売本数だから、特定個人の同時発売本数とか関係ない話ですけどね!



以下、私の購入予定としては。

まず、過去にwebラジオ『虹ノ瀬放送局』という、みるさんメインパーソナリティのラジオ番組を放送してくれた大恩のあるPeasSoftさんの【君を仰ぎ乙女は姫に】は、何をおいても購入確定。もしPeasSoft様が新しくwebラジオ始めるときは、是非是非、みるさんを御贔屓に。
あと、ソフマップで購入すると、みるさん出演の『「君を仰ぎ乙女は姫に」ソフマップ限定特典 ラブラブボイスドラマCD』ってのがショップ購入特典として付いてくるので、みるさんファンにはお勧めです。

次に、Lump of Sugarさんの【ダイヤミック・デイズ】も購入確定。Lump of Sugarさんは信頼できるブランドですし、話の内容や演じるコトラというヒロインも良い感じです。あと、音泉でやっているLump of Sugarさんのラジオ番組に、みるさんをゲストに呼んでくれると私が歓喜したりするんですけどね〜、どうですかLump of Sugar様。
ちなみに【ダイヤミック・デイズ】ですが、販促ムービーのナレーションが各ショップさん毎に違っています(販促ムービーの中でショップ独自の特典の宣伝もしてる為)。みるさん演じるコトラが販促ナレーションを行っているのは、げっちゅ屋さん、めろんぶっくすさんの2店舗です。ここでしか聴けないオリジナルボイスなので、みるさんボイス好きの人は要チェックです。

次が、迷いどころ。
FrontWingさんの【戦国天使ジブリール】か、Etoilesさんの【妹恋〜しすこい〜】か、ここら辺かなぁと思うのですが、流石に月に4本は多すぎるので、3本くらいに絞りたいところ。
29日直前まで、情報集めて色々検討してみましょう。



以上、7月29日戦線についての駄文でした。完。
posted by 淵明 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな声優さん

2011年06月24日

『すきま桜』という名の、お酒とゲーム

『すきま桜』を抜けて、うそつきだけの住む都会『桜乃』に旅立ちます。探さないで下さい。



『すきま』を越えるために、お酒とゲームを用意しました。
ゲームは、『propeller』さんの『すきま桜とうその都会』(本日発売・18禁ADVゲーム)。
お酒は、そのゲームとコラボしたこちらのサイトの日本酒『すきま桜』(予約販売終了)。

酒_すきま桜0

お酒のラベルのアップはこちら。

酒_すきま桜1

酒_すきま桜2

ちなみに、ビンに貼り付けていない状態のラベルも同封されている親切設計でした。
これで、「ラベルは保存しておきたいけど、ビンは嵩張るから処分したいなぁ」って時にも安心ですね。

酒_すきま桜3

お酒の味は、甘口の日本酒。呑みやすいです。
ただ、私の味覚は辛口寄りらしいので、イマイチ自信を持って「甘口」と断言は出来ません。



あと、『すきま桜とうその都会』のインストール画面なのですが、

すきま桜1

すきま桜2

こんな感じで、20種類以上の、公式サイトのweb四コマを改編した画像が次々と表示されて、なかなか楽しいインストール画面でした。
最後に、

すきま桜4

あれ?某巫女さん弾幕シューティング……。



それでは、『すきま桜とうその都会』を始めます。
大好きな声優さんである、みるさん演じる咲良が、『すきま桜』の向こう側の『桜乃』で待っているので。
posted by 淵明 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2011年06月06日

『カミカゼ☆エクスプローラー!』感想&メモ

ただし、沙織先輩ルートのみ。

何故なら、沙織先輩ルートは2周目終わったのに、まだ他のヒロインのルートをプレイしていないから(苦笑)。
メモ関係は、そのうち他ルートもプレイしたら、追加していくかもしれず。

そして、当然ながらネタバレの嵐な文章内容ですので、それを望まない人はお帰り下さい。




沙織先輩ルートの感想

とても、良かったです!

『私撰・みるさん演じたヒロインTOP3』に『宇佐美沙織』先輩がランクインしました!

もうね、可愛過ぎます!この可愛さを言葉で説明する必要など無く、ただやってみれば理解できます!

もともと『宇佐美沙織』というキャラは、『七原ことみ』さんが演じる予定でしたが、音声収録直前の病気降板により急遽『みる』さんが演じることになったキャラです。
『七原ことみ』さんと言えば、私が一番好きなブランドである『PULLTOP』作品に多数出演している声優さんであり、私も好きな声優さんでしたので、その演技を聴くことが出来なかったのは正直残念です。『宇佐美沙織』先輩のセリフにも、おそらく『七原ことみ』さんが声をあてるのを想定した、七原さんが他作品で演じたキャラをイメージさせるようなセリフも幾つかあります。
しかし、この『七原ことみ』さんが演じる予定だった『宇佐美沙織』を『みる』さんが演じることにより、今まであった『みる』さんの為にキャスティングされたキャラとは違った、ちょっとテイストの違う『みる』さんの演技を堪能できるような気がします(私の気のせいかもしれませんが)。
とにかく、沙織先輩演じるみるさんは、セリフ回しとかセリフのトーンとか、なにか色々と新鮮な感じがするのです、私には。そして、その新鮮さはとても良い感じなのです。「新たな『みる』さんの魅力を発見!」って感じなのです。
つまり、長々と何が言いたいのかというと「みるさん演じる沙織先輩が可愛くて最高なゲームだ!」と言いたいのです。

そして、可愛いだけではなく、エロゲーらしくエロい。しかも、エロもちゃんとシナリオの一部として機能してます。コンシューマー化されるときにパッと外せるような、とってつけたエロシーンじゃない。
これでこそ、18禁ゲームですよね。
もう私は「くるくる」という擬態語について、死ぬまで変態的なフィルターが掛かり続けることは間違いないです。このシナリオ書いた人は、本当、超変態だな(褒め言葉)!

沙織先輩ルートのシナリオ担当は、おそらく『J・さいろー』さん?
個人的に、沙織先輩ルートをプレイしていると、『ゆのはな』の穂波ルートとかと同じ感じがするから(可愛さ&変態さの両面の意味で)。
そして、J・さいろーさん御本人のツイート内容からも、なんとなく沙織先輩ルート担当な気がします。

沙織先輩ルートしかプレイしていませんが、作品全体の感じとしては。
『メティス』という特殊超能力によるバトルあり。
可愛いヒロインとのラブラブ全開な恋愛あり。
そして、主人公とヒロインの成長もあり。
まさに純愛系エロゲーの良いところを満遍なく押さえてある良作です。こういった方向性の作品が好きな人は、買って損は無いと断言できます。

そして、感想はこれにてお終い。以下、私的内容メモ。超絶ネタバレ注意。
(6月11日、メモに情報追加)
(7月2日、全ルートクリアしてまとめたメモを追加)




ネタの意味を把握し辛い箇所の解説


・速瀬慶司が風紀委員会にスパイ潜入後、初の風紀委員会・特別取締班vsアルゴノートの場面。

柿崎
「見たか、其の疾きこと兎の如く、徐かなること兎の如く、侵掠すること兎の如く、動かざること兎の如し−−それが班長の《アンブラ》だァッ!!」


菜緒
「ええい、苗字を無視して風林火山を使うとは……


解説
風紀委員会・特別取締班に所属するメティスパサーは3人。班長の『宇佐美沙織』先輩、3年生で風紀委員長候補だった『甘粕湘也』先輩、2年生で陸上部でもある『柿崎潤』。
3人の苗字は『宇佐美』『甘粕』『柿崎』、これは戦国時代・上杉謙信の重臣『宇佐美定満』『甘粕景持』『柿崎景家』の3人の苗字と同じです。
そして『風林火山』は上杉謙信のライバル・武田信玄が旗印としていたことで有名。
よって菜緒先輩は「上杉の家臣と同じ苗字なのに、それを無視して武田信玄でお馴染みの風林火山を喩えに使うとは……」と言っているのだと推察します。


・『アンブラ』の複数同時操作のための訓練として、別々の本を同時読みしている慶司。その時の本の内容について。

慶司
貧国とは、人民が安楽に暮らしている山ぎわ、少しあかりて、紫だちたる雲の直列回路を流れる電流は共通であるから、裁くのはおれの『スタンド』だッ−−!!


慶司
「……今日では努力は、その報酬から入り果てて、風の音、虫の音などの位相は電流Jに対して位相差おっぱいにZOOOOOOOOM UP!!

解説
赤文字部:マルクス『資本論』
緑文字部:清少納言『枕草子』
紫文字部:電気振動・共振回路の説明?(出典は特定できず)
青文字部:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』
黄文字部:航平が途中で混ぜたエロ本
で正解の筈。違ってるようでしたら御指摘を。




アンブラのテンプレート一覧
特に表記の無いものは、共通&沙織先輩ルートにて使用されたテンプレート


≪急に目隠しされて気づいたらなにも覚えていない刑≫
アンブラが対象者の顔を覆って目隠しとなり、耳元で「あなたはなにも見なかった」と囁き続ける

≪君が泣くまでこちょこちょをやめないの刑≫
アンブラから伸びた影が対象者の身体を駆け回り、くすぐりの効果

≪アナタの知らないサスペンションの刑≫
アンブラが背後から対象者に"膝カックン"する

≪マウントフジ・ネイチャーツアーの刑≫
両耳の影から現れたアンブラが、対象者の"もみあげ"を引っ張り上げる

≪影牢≫
アンブラが格子状に変化し、対象者を閉じこめる牢となる

≪早瀬が『はい』と言うまでくすぐったいの刑≫
影牢の格子から腕が伸びてきて、対象者をくすぐり続ける(早瀬慶司限定?)

≪満漢全席の刑≫
アンブラが対象者の両耳を、二つ折りの餃子形から四つ折りのシューマイ形にすることで、恐ろしい痛みを与える荒技

≪お尻おさるさんの刑≫
対象者のお尻が真っ赤になるまで、アンブラに"お尻ぺんぺん"される

≪男の子専用10まんボルトの刑≫
アンブラが対象者に、いわゆる"電気あんま"を行う

≪エベレスト・アルティメットツアーの刑≫
"マウントフジ・ネイチャーツアーの刑"の上位版?作中では名前のみで実行されず

≪ラビッド・ボム≫
アンブラが、ウサギの形からボーリングの球状に変形し、高速で飛び回る弾となる(「危険なので、普段は使用しない」と沙織先輩も言っている、アンブラの本格的戦闘用テンプレート)

≪実は首筋って敏感すぎるの刑≫
アンブラが対象者の首筋をくすぐる

≪急に目隠しされて振りかえったら誰もいない刑≫
アンブラが対象者の顔を覆って目隠する(風花・美汐ルート終盤)

≪ジュースを買っていたら自販機の下から足首をつかまれる刑≫
アンブラに死角から足首を急につかまれ、対象者は転倒させられる(美汐ルート終盤)

≪口の中に影が忍びこんでぬったりとする刑≫
口の中にアンブラが入りこみ、対象者を喋れなくする(美汐ルート終盤)

≪あなたの手にしているそれはあなたから養分を吸い取ってだんだんと重くなっていく刑≫
アンブラが徐々に大きくなっていき、その重さで対象者を潰す(美汐ルート終盤)




好きな沙織先輩のセリフ一覧


「私に、秘密を作らないで」

「口の上手い男には要注意」

「……ううん、にゃんでもにゃいよ、ドンマイ私、がんばる私」

「私が本を読むのはそのため……暗闇に火を灯したいから」

「咎人に報いを!」

「…………一生分、好きって言われた気がします」




作中に登場するメティス一覧


≪ジョーカー(Joker)≫@速瀬慶司(2年生)
名前の意味:トランプのゲームにおけるジョーカー(万能の切り札だがリスクを伴う)
能力:接触した他者のメティス能力をコピーして使用できる

≪アンブラ(Umbla)≫@宇佐美沙織(3年生)
名前の意味:陰、太陽の黒点の中央暗黒部、暗黒
能力:イドロイド化した陰を操作する
イドロイド名:ディーオ、トリス、テセラ、ペンデ、エクシィ、エプタ、オクトーン(MAX7体)

≪ペルセポネ(Persephone)≫【セカンド】@宇佐美沙織
名前の意味:ギリシャ神話の冥界の王妃"ペルセポネ"(語意は『光を壊す女性』とも言われる)
能力:メティスも含めて電気や熱など、あらゆるエネルギーを呑み込むブラックホール

≪アイギス(Aegis)≫@姫川風花(2年生)
名前の意味:ギリシャ神話における"アテナの楯"の名前
能力:表面に空圧の楯、内部にメティスを排除する空間をそれぞれ展開する

≪パラス・アテナ(Pallas・Athene)≫【セカンド】@姫川風花
名前の意味:ギリシアにおける都市の守護女神"パラス・アテナ"。アイギスの持ち主でもある
能力:純粋に≪アイギス≫の上位能力(≪アイギス≫が対人規模なら、こちらは対都市規模)

≪プロミネンス(Prominence)≫@祐天寺美汐(1年生)
名前の意味:突起、突出物、目立つこと、太陽の紅炎
能力:可視範囲内で炎を熾し、操ることが出来る

≪ヘリオス(Helios)≫【セカンド】@祐天寺美汐
名前の意味:ギリシア神話の太陽神"ヘリオス"(語彙は『太陽』)
能力:自らの存在を、破壊と再生の両方を行うことの出来る"万物の始まり"としての"炎"と化す

≪マーメイド(Mermaid)≫@沖原琴羽(2年生)
名前の意味:人魚
能力:呼吸、体温、水圧、水流操作など、水中におけるあらゆる活動の補助

≪ハルキュオネ(Halcyone)≫【セカンド】@沖原琴羽
名前の意味:ギリシア神話の風の神アイオロスの娘"ハルキュオネ"
能力:キロメートル単位という広範囲にわたって、海を"凪にする"

≪ペネトレイター(Penetrator)≫@速瀬まなみ(1年生)
名前の意味:貫徹する人、洞察者
能力:鉛筆など媒介を硬化して、あらゆる障壁を貫通・突破する

≪イカロス(Ikaros)≫@近濠菜緒(3年生)
名前の意味:ギリシア神話の人物名"イカロス"
能力:空を自由に飛ぶ

≪ルミエール(Lumiere)≫@淡島エリ(3年生)
名前の意味:フランス語で「光」の意味
能力:指先を光らせる

≪ポスポロス(Phosphorus)≫【物質Dによる強化】@淡島エリ
名前の意味:ギリシャ神話の暁の明星の神・ポスポロス(語意は『光をもたらす者』とも言われる)
能力:熱光線、いわゆるビームを発生させ操作する(イドロイド化も可能)

≪ディスカヴァリー(Discovery)≫@汀薫子(学園職員)
名前の意味:発見、発見者
能力:メティスパサーの発するメティス波を視ることが出来る

≪ダビデ・ストーン≫@江坂卓(3年生)
能力:物体を投擲し、着弾時の衝撃を増幅して爆発のエネルギーに変える

≪ブリューナク≫【物質Dによる強化】@江坂卓
能力:物体を投擲し、着弾時の衝撃を増幅して爆発と放電のエネルギーに変える

≪パペット・イン・ザ・ミラー≫@海老名孝義(3年生)
能力:視線をあわせた相手を操る

≪レモラス・サッカー≫@甘粕湘也(3年生)
能力:身体の一部を吸盤のように吸着させる

≪アイリス≫@柿崎潤(2年生)
能力:数秒間に限り、自分の脚力を増大する

≪タッチパネル≫@氷室浩美(2年生)
能力:電気機器のどの部分に触れても、ボタンやスイッチを押したときと同じ操作ができる

≪ファラウェイ・リスナー≫@染木茜(2年生)
能力:自分が見つめた地点を中心とした音声を、離れた位置でも聞き取ることができる

≪クワイエチュード≫@?(去年の卒業生)
能力:自分の周囲を無音にする

≪ヒュドラ≫@?(沙織先輩所持の本に記述されている能力)
能力:目で見えない触手を操る

≪プリマドンナ≫@?(美汐の読んだ論文に記述されていた能力)
能力:触れた相手の人格をコピーする
posted by 淵明 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ

2011年05月09日

『第八回博麗神社例大祭』行ってきました!

例大祭8_1

昨日入手した上海アリス幻樂団さんの新作音楽CD『未知の花 魅知の旅』を聴きながら、この文章を書いております。
写真は、左がカタログ。右が上海アリス幻樂団さんの新作音楽CDです。
ちなみに『魅知の旅』ってのは『東北地方への旅』ってことみたいですよ。東北地方の古い呼び名『みちのく』に、漢字で当て字したものが『魅知国』だとか。
神主ZUNさん自身のブログにも、「テーマは魅力溢れる東北の旅と言う事で……」と書いてあります。

5月9日20:30頃追記
このリンク先の人のツイートで初めて知ったのですが、CDレーベルに描かれている花の絵が、それぞれ、岩手の県花『きり』、宮城の県花『はぎ』、福島の県花『しゃくなげ』となっていて、地震の最大の被災地である東北地方3県の県花の絵であるとのことです。
う〜む、描く方も気付く方も、細かいところまで考えて&見ていて、凄いですね〜。私は全然気付きませんでした。

そんな訳で、ブログタイトル通りに『第八回博麗神社例大祭』に行ってきました!
本来なら約2ヶ月前の3月13日に開催されるはずだった例大祭ですが、御存知の通り、3月11日に東北地方沖を震源とする未曾有の巨大地震の影響で延期となり、5月8日開催となった次第です。

で、その例大祭ですが、今年も大した問題もなく、順調で快適な例大祭でしたね〜。

まず、天気が良い!いつも言うけど、コレ重要。
今年は逆に良すぎるくらいで、今年初の25度越えの夏日になったりしましたが、適度に風も吹いていて、初夏の爽やかな陽気が最高でした。
それにしても、ビックサイトに会場が移った第五回例大祭から年度末の3月開催になっていたので、久しぶりにゴールデンウィーク近辺、初夏の気候の中での例大祭は、まるで第二〜四回の頃の例大祭に戻ったみたいで懐かしい気持ちになりましたよ。

参加者数も、去年並み、もしくはチョイ少なめな感じ?
まあ、去年まで丸々1ホール休憩所に使っていたのが、そこも会場として使うようになったので、密度的に分散しただけかもしれませんが。
それに、既に3月の本が書店委託が始まっていて、5月開催にあわせて新刊を作れなかったサークルさんも沢山あったことから、わざわざ会場まで来なかった人もある程度の数いたのかもしれませんね。
とにかく、コミケの東方エリアのような酷い密度ではなく、一方通行や通行止めも起きることのない難易度低めで良い感じでした。
会場が広いからなぁ。東2〜6を借りて1ジャンル即売会。


それでは、いつもの時系列レポートなどを書こうかと思ったのですが、折角ハッシュタグでツイッターのログを纏めてあるので、それをコピペ(笑)。それでは、どうぞ。

最後尾到着。0730ちょい過ぎという目標通り。 #RTS8
posted at 07:35:43

ざっとチェック完了。立案計画としては、まず神主参拝。然る後に東4〜6で毎度お馴染みのサークルさんを回る。全て済んでから東3のPの輝夜島を見て回って終了。出費は例年より縮減の4諭吉以内に極力抑える。 #rts8
posted at 09:12:10

移動に備えて立ち上がりました。もう少しで、年に一度の東方界隈のお祭の開始ですね〜。 #rts8
posted at 09:31:52

ちなみに現在位置は、建物側から数えて4本目の列の最後方。 #rts8
posted at 09:39:30

他の列に比べて明らかに短く変則的だった、建物側1〜3列がペナルティとのこと。今、私の目の前で宣告されてました。回れ右させられて、他の列の後ろに付くのか? #rts8
posted at 09:46:21

移動開始。4列目が一番最初に入場する一般列かな?ペナ除けば実質1列目だものな。 #rts8
posted at 09:57:37

やはり、この4列目が最初の入場列の模様。カタログ掲げる。 #rts8
posted at 10:07:55

東3側面から入れられて、そこから東2〜3と東4〜6の2本に、列を分けていますね。 #rts8
posted at 10:15:22

第八回博麗神社例大祭、約2ヶ月遅れで開幕です♪現在位置はホール間の中央通路。 #rts8
posted at 10:30:12

神主参拝列到着。流石に今回は短い。 #rts8
posted at 10:35:54

新作の秘封倶楽部CD、無事入手!しかも神主本人から購入!そして神主列、延びたなぁ。 #rts8
posted at 10:46:53

ナズの声をあてている人が為に、オマケの予告ドラマCDを入手。以降は普通にピンポイント巡回。 #rts8
posted at 11:07:10

東4〜6の巡回完了。休憩&荷物整理。全てがほぼ良い予想の範囲内。それにしても、半袖の夏の格好で来て正解でした。暑い。 #rts8
posted at 12:30:52

東館離脱。新規サークル開拓するには、若さとお金と睡眠時間が足りなかった(昨夜睡眠2時間)。昼御飯食べて帰宅しましょう。 #rts8
posted at 13:30:05

それじゃ、私は例大祭会場から離脱します。参加者の皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした。とても素晴らしい『ハレの日』でした♪ #rts8
posted at 14:18:23

それでは、細かい部分の補足などを。

・朝
列最後尾到着は、去年より10分遅らせて7時30分目標で動きました。
去年があまりにも一般列先頭付近過ぎた(つまりペナルティギリギリセーフ過ぎた)ので、ちょい余裕幅とった感じです。

・ペナルティ
建物側から4列目の後方にいたので、1〜3列のペナルティ組にペナルティ宣告がスタッフからされているのを目撃することが出来ました。
ペナルティを受けた1〜3列目は、回れ右をさせられて後方に移動していきました。私は一番最初に入った列でしたからその後の顛末は見ていませんが、ペナルティを受けていない列の後ろについて入ることになったのかもしれませんね。

・会場内
私的な事情から今回は殆ど事前チェックを出来なかったので、とりあえずいつも回っているサークルさんを中心に回ってきました。
そんな中、決め打ちしていた入手物は2つ。
1つは、上海アリス幻楽団さん頒布の音楽CD『ZUN's Music Collection vol.5.5 「未知の花 魅知の旅」』。
もう1つは、アールグレイさん頒布の購入オマケであるドラマCD『小さな探し物プロローグ』。
上海アリス幻楽団さんは、最早言わずもがな。このサークルさんの新作目当てに各即売会に参加していると言って過言ではないので。
アールグレイさんは……まあ、こちらのブログ記事に書いた事情がありまして(苦笑)。ドラマCDでナズーリンを演じている声優さんが好きな淵明さんとしては、このプロローグドラマが既にニコニコ動画に公開されているものと同一内容なのは承知していますが、CDとして手元に所持しておきたかったのですよ。
会場内での私の行動は、まず最初に上海アリス幻楽団さんに行って音楽CD入手。そして、結構近くにアールグレイさんがあったので、そこにてオマケのドラマCDを入手。後は、現在位置である東4から順に、東5→東6とサークルさんを順に回り、残った東2〜3も輝夜の島を中心にざっと見て、終了となりました。


そして恒例の、購入物さらし〜♪
今回も、積み上げて撮影してみます。

例大祭8_2

今年は諸事情あって購入量を控えてみました。例年の60%くらいですかね?
まあ、これ以外に、3月の時点で委託開始されていて買い逃したくない本10冊以上、ショップ委託で購入済みだったりするわけですけど(苦笑)。
全体的な成果としては、3〜4点買い逃しがあったものの、ほぼ入手することが出来ました〜。

例大祭8_3

こちらは、私が東方を好きになった最初期からずっと好きな3サークルさん(葉庭の出店さん、さくsaku亭さん、まりおねっと装甲猟兵さん)の新刊。
今回も無事に、3サークルさんとも入手出来ました〜。ちなみに、3月時点で書店委託済みのものは既に入手しているので、会場で頒布していた折り本のみになります。

例大祭8_4

体験版が公開されたばかりの『東方神霊廟』キャラが表紙に出ている本をピックアップ。
こうして見ると、響子は人気があるみたいですね。まあ、命蓮寺一派なので話に絡ませ易いって側面もあるのかな?

例大祭8_6

輝夜島を回って厳選入手してきた、蓬莱山輝夜がメインっぽい本。
今回の輝夜島は、私好みの輝夜さんの性格解釈の本が多めで、とても充実した買い物をすることが出来ました。

例大祭8_5

最後に、アールグレイさんのオマケのドラマCDで締め。


はい!
今回も馬鹿長い文章に、お付き合い頂きありがとうございました。
記事の頭にも書いた通り、今年も本当に良い例大祭でしたね。社務所の人々、サークル参加の人々、他の一般参加の人々、全ての尽力の賜物でしょう。皆様に大いに感謝。

それでは、来年も良い例大祭を祈って。そして、今後無慈悲な自然災害が起こらないことを祈って。
これにて終了です。
posted by 淵明 at 05:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 東方関連